5月22日 初心クラス

今日の初心クラスは、1日体験の子を入れてちょうど20名でした。

10級に昇級して午後クラスに昇格となった子が増えたことにより、現在のBコースの初心クラスは以前より少ない人数で、余裕のある授業が受けられる状態です。
新しく入会される子は、今現在ではBコースをお勧めします。

最近とても元気な子(笑)が目立つので、いろいろ考えて今日はちょっと工夫をしてみました。
教室の入口に、「週刊将棋」5月11日号の阿久津七段のインタビュー記事を張ってみました。

それには「どんな少年少女が強くなりそうですか?」という質問に対して、「子供が普段うるさいのは当たり前のことですが、対局中は静かに集中できるかが重要です。あとは元気良く挨拶ができるかどうかも大事です。「お願いします。」と「負けました。」がちゃんと言える子は強くなります」という、素晴らしい返答が掲載されています。
「よし、今日はこれでいこう!」と阿久津七段の写真付きでインタビュー記事を拡大コピーし、教室の入口に張り出してみましたが、、、。

10時前になると、「おはようございます!」といつものように元気よく子供たちが入ってきます。
しばらくしてから「ドアのところに張った記事は読んだかな?」と聞いてみると、「漢字が多くて、なんて書いてあるのかわからなかった。」との返答でした。
初心クラスは、幼稚園~1、2年生の子が多かったことをうっかりしていました。(笑)
将棋に限らず、正しい一手を指すというのは難しいことですね。

現在子供スクールでは、以前配布したアンケートの回収をおこなっています。
スクールに対する、できるだけ数多くのご意見をいただきたいと思いますのでご協力をお願いします。

小林 宏

[PR]

by shogi-kodomo | 2011-05-24 18:12 | 初心クラス日記 | Comments(0)