3月26日 初心クラス

b0110038_16081419.jpg

少し暖かくなったと思ったら、また寒い日々に逆戻りですね。この日の子供スクールは授業参観でした。
時折、ご両親が気になる様子の生徒さんもいましたが、
対局中になれば将棋に没頭していました。

この日の講義では、歩の使い方を教えました。
歩は一番弱い駒ですが、うまく使うと本当に良い働きをします。
特にと金を作るための垂れ歩や、形を乱すための捨て駒などの手筋は
実戦で使ってみましょう。

最近、詰将棋の本を持ってきている子を多く見かけます。
将棋の本を読むことは上達に役立ちます。
序盤を学びたい子は定跡の本、終盤力を鍛えたい子は
詰将棋の本を読んでみましょう。

石井 健太郎






[PR]

by shogi-kodomo | 2017-03-27 21:30 | 初心クラス日記 | Comments(0)