カテゴリ:子供将棋スクール・横浜( 98 )

5月14日(日) 横浜校

横浜校の野田澤です。

3部制になり1ヶ月。
生徒のみなさんは、少しずつペースがつかめてきたでしょうか。
講師陣も、体力の配分がわかってきたようなそうでもないような。

この日は、全国小学生倉敷王将戦の神奈川県予選があり、当教室からも何人か出場していたようです。
上級クラスの子で、大会後に来てくれた子もいました。

そんななかなんと、神奈川県代表になった生徒が!
教室終盤でその情報が飛び込んできて、生徒、保護者のみなさん、そして講師陣で喜びの拍手がおきていました。
本人にはまだ会えていませんが、今度教室に来た際には、みんなで「おめでとう!」と言いたいですね。

他の子たちも、どんどん積極的に出場してもらえたら嬉しいですね。
結果はどうあれ、モチベーションにもなるし、思い出も、友達もできるはず!


野田澤彩乃

[PR]

by shogi-kodomo | 2017-05-17 18:44 | 子供将棋スクール・横浜 | Comments(0)

4月23日 午前・午後クラス

講師の中村です。

学年が一つ上がり、みんなだんだんと成長している感じがします。もちろん、将棋も強くなっていますね。
4月はいろいろと変化が多く、新しいクラスになじむのも大変かもしれませんが、将棋で育てた集中力を活かして、学校の勉強も頑張ってもらえたらと思います。
また授業の内容では、詰将棋を解くスピードは、勝ちにつながるので、ぜひ練習してほしいですね。最初は難しいと思う問題でも、ちょっとずつ、トライしてみてください。
[PR]

by shogi-kodomo | 2017-04-24 10:08 | 子供将棋スクール・横浜 | Comments(0)

4月9日 横浜校


こんにちは。大きな原稿を仕上げ、一息…と思いきや、

それを仕上げるために棚に上げておいたタスクがたくさんあることに気づき、

それらを地道にクリアしている横浜校担当の上野です。


おかげさまで、横浜校はこの4月から2部制→3部制になりました。

生徒数も増え、とても活気があります。

生徒数が増える=自分と同じくらいの棋力の子が増える

なので、ライバルを見つけやすいかも。


ライバルと言えば、私が小学生の時に通った教室には、

佐藤紳哉君(現七段)がいました。

同い年でしたが、常に一歩も二歩も先を行っている良い目標でした。

ライバルを見つけ、「あいつには負けないぞ!」と頑張ることで、

自身の上達につながることもあります。


また、他人ではなく、あくまで自分自身に意識を集中するやり方もあります。

過去の自分よりも強くなることを目指すのです。


今までできなかったことが、できるようになること。

そうした、自信がつく体験を、横浜校でしてほしいと思っています。

私達は、その手助けをするために、います。



[PR]

by shogi-kodomo | 2017-04-09 21:05 | 子供将棋スクール・横浜 | Comments(0)

3月26日 午前・午後クラス

横浜校、講師の中村です。
今日は見学の生徒さんが、沢山来てくれました。
最初は少しむずかしいことも、だんだんと出来るようになりますので、入会された時には、ぜひ頑張ってください。
また卒業の生徒さんも、三人ほどいました。
みんな何年もの間、熱心に通ってくれた生徒さんです。
寂しさもありますが、将棋を通して学んだことを活かしつつ、良い中学生活を送ってもらえると信じています。
また神奈川県の大会等で、ぜひ会えたらうれしいです。
卒業、おめでとうございます!
[PR]

by shogi-kodomo | 2017-03-27 00:10 | 子供将棋スクール・横浜 | Comments(0)

3月12日 横浜校

こんにちは。花粉症がついに発症して、

鼻がむずむずする、横浜校担当の上野です。


今日は6年生二人の卒業式でした。

(本当は次回なんですが、この二人は次回お休みなので)


一人は、今の場所に移転する前から、ずっと通ってきてくれた子。

あの頃を思うと、こんなに生徒数が増えるなんて、考えもしなかったよね。


もう一人は、年下の子達の面倒をよくみてくれた子。

あなたが入ってから、生徒の横のつながりができてきましたよ。


ちょっと寂しくなるな…。

まあでも、二人とも、4月に中学生です。

新しい生活がスタートします。

だから、気持ちよく、送り出します。

横浜校での経験が今後の人生に、少しでも役に立ちますように。

卒業おめでとう!


[PR]

by shogi-kodomo | 2017-03-14 21:01 | 子供将棋スクール・横浜 | Comments(0)

2月26日 午前・午後クラス

入学式や卒業式の日が近くなってきましたね。
子供スクールの卒業を控えている生徒さんも多いと思います。
中学に上がる生徒さんは、ぜひ将棋を通じて、お友達をたくさん作ってくれたらと思います。

2月26日の横浜校、午前クラスは人数も多く、指導対局の手合いも上がって、生徒さんの成長を感じました。
上野先生の講座のと金を作らせない、は駒落ちの手合いを上げていく中で、とても大事だと思うので、ぜひ覚えてください。

午後クラスは、おそらく過去最高の人数だったと思います。昇級者も沢山でました。
壁にぶつかっている子も、力はついていますので、焦らず頑張ってくださいね。
4月から三部制へと移行しますので、ご父兄の皆様、どうぞ宜しくお願い致します。



中村真梨花
[PR]

by shogi-kodomo | 2017-02-28 10:37 | 子供将棋スクール・横浜 | Comments(0)

2月12日 横浜校

こんにちは。
横浜校の、野田澤です。

おかげさまで、子供スクール横浜校も生徒さんの人数が増え、4月から3部制になることになりました。
今まで以上に、よりよく学び、楽しんでいただけると嬉しいです。

月2回の教室のうち、1回を担当していますが、1ヶ月振りなのに急激に伸びている子もいます。
特に、初心者のうちだと、ちょっとしたコツがつかめただけで全然違ったりします。
単純な数の攻めが分かったり、大駒が成れそうな場所を見つける、玉を捕まえに行くという意識を持つ、だったり。

だから、毎月楽しみです。


のだ


[PR]

by shogi-kodomo | 2017-02-19 16:49 | 子供将棋スクール・横浜 | Comments(0)

1月22日 横浜校

こんにちは。
お気に入りの手袋が見つからず、新しい手袋を買って寒さをしのぐ、
横浜校担当の上野です。

今日の講座は、

午前 一間竜で寄せよう
午後 終盤の速度計算

でした。

一間竜は寄せの基本であり、
これを知っていると知らないでは、寄せのスピードが全く違います。
応用した形も含め、みんなで学びました。

午後にやった速度計算も大事な概念です。
普通に攻め合って勝つ形、
攻防の手で速度を逆転させる形、
受けて相手の攻めを遅らせて勝つ形、
この3つの基本パターンを解説しました。
問題には適度な紛れも加えてありますので、
その紛れに引っかかってくれるとにんまりです(笑)
いえいえ、そちらの紛れにも大切な考え方がありますので、
引っかかってくれた方がむしろ上達に役立ちます。

将棋そのものの楽しさ。
そして、上達する楽しさをみんなに味わってほしい。
今日も横浜校は盛況です。
[PR]

by shogi-kodomo | 2017-01-22 17:47 | 子供将棋スクール・横浜 | Comments(0)

1月8日 横浜校

2017年になり、初めての横浜校でした。

年初めだからと、教室開始時間までに大盤に提出している問題が簡単だったのでしょうか。
午前午後とも、結構多くの生徒さんがすんなり解いてしまいました。
詰将棋を解くとき、盤に並べて考えている子もいるし、並べない子もいます。それは、どちらでもいいと思いますよ。
その後、解けた人同士で将棋を指していたり、自分で持ってきた将棋の本で勉強している子いたり、この教室で仲良くなった子とおしゃべりしていたり、楽しそう。

今年も、楽しい時間をたくさん過ごしましょう!

本年も、よろしくお願いいたします。


野田澤彩乃
[PR]

by shogi-kodomo | 2017-01-14 23:33 | 子供将棋スクール・横浜 | Comments(0)

12月25日 横浜校

トナカイの衣装を着たら、
「鼻は赤くしないの?」と生徒に突っ込まれた、横浜校担当の上野です。

今日は、クリスマス将棋大会でした。
横浜校では、12月にクリスマス会をやっていましたが、
今回からクリスマス将棋大会に変更です。
ただし、以前のようなクリスマス会をやりたいという声も多かったので、
将棋大会を少し早めに切り上げ、
クイズ大会とビンゴも楽しみました。
もちろん、スタッフ一同はサンタとトナカイなどです。

毎年、こうして横浜校でクリスマスをみんなで楽しめる。
本当にありがたいことだと思います。

それでは皆様、良いお年を!

b0110038_2135172.jpg


b0110038_2136238.jpg

[PR]

by shogi-kodomo | 2016-12-25 21:37 | 子供将棋スクール・横浜 | Comments(0)