カテゴリ:子供将棋スクール・横浜( 109 )

11月12日 横浜校

薄めのコートを買おうと毎年思いつつ、
結局、厚めのジャケット→厚めのコートでこの微妙な季節を乗り切ってしまう、

横浜校担当の上野です。

おかげさまで横浜校は、そろそろ3クラス全てが定員になりそうです。
上達具合によって初級クラス→中級クラスにステップアップする生徒が出るなど、
状況は変化しますが、現在は以下の通りです。

初級 わずかな空きあり
中級 定員
上級 定員
もし初級クラスの体験を受けたい方がいればお早めに!
(既に枠が埋まってしまっていたら申し訳ありません)

生徒数の変化に対応しつつ、
「生徒一人ひとりの状況を見て、それぞれに適切な指導を行う」
ことを改めて肝に銘じて日々の授業を行っていきます。
今までできなかったことが、できるようになるのは楽しいことですから。


[PR]

by shogi-kodomo | 2017-11-13 12:00 | 子供将棋スクール・横浜 | Comments(0)

10月22日 午前・午後クラス

だいぶ寒くなってきましたね。
講師の間では、早くもクリスマス大会の会話をしています。
横浜校はこのところ、体験の生徒さんが多く、いつもに増して、活気があります。
午前クラスは、駒落ちにだいぶ慣れてきた感じですね。
9枚落ちはほぼ卒業に近い生徒さんが多かったです。
将棋の本をいつも持ち歩いているのも、頼もしいですね。
午後クラスは、ぐっと引き締まった雰囲気でした。
台風の日で、雨が降っていたのですが、みんな頑張ってよく来てくれました。
午後クラスは詰将棋を作るのが流行っていて、いつも誰かが新作を持ってきてくれます。
詰将棋を解くのももちろん大切ですが、作るのも良い勉強になりますので、チャンレンジしてみてくださいね。
寒い日が続きますが、風邪をひかないように気を付けてください!

中村真梨花

[PR]

by shogi-kodomo | 2017-10-25 10:33 | 子供将棋スクール・横浜 | Comments(0)

10月8日 横浜校

1週間以上経ってしまいましたが、10月8日の横浜校の日記です。

運動会シーズンだからでしょうか、全体的に人数が少なめでした。
しかし、元気は変わらずで、特に初級と中級クラスの詰将棋の解説や大盤講義では、質問が絶えず。
それにしても、質問内容を聞いていると、初級、中級、上級とあがるにつれて変わってくるので、おもしろいです。
上がるにつれて、「こうやって受けたらどうするの?」など、受けの手や数手先を読んでの質問が出てきます。

また、詰将棋を解くだけではなく、作るのが好きな子が、定期的にうちの教室にはいるようで、休み時間に自作を見せてくれたり、他の子たちとあーでもないこーでもないと作っているのを見ると、微笑ましいです。
いつか、横浜校卒業生の中から、詰将棋作家が誕生したりして。
それも楽しみですね。


野田澤彩乃

[PR]

by shogi-kodomo | 2017-10-16 17:10 | 子供将棋スクール・横浜 | Comments(0)

9月24日 横浜校

彼岸を過ぎて暑さが弱まり、半袖のシャツと長袖のシャツ、
どちらかを着るか迷うこともある、横浜校担当の上野です。

今日は上級クラスから2名が初段昇段にて卒業しました!

二人とも入会からずっと見続けてきたので、感慨深いものがあります。
そして、初段の免状を読み上げるのは、講師として最も厳粛な、かつ最も嬉しい瞬間です。

あなたたちがずっと努力し続けてきたことは、
たくさん盤をはさんだ私がよく分かっています。
これを機にもっと大きく羽ばたいて欲しい。
もっともっと強くなって欲しい。
もっともっと将棋を楽しんで欲しい。

卒業おめでとう。

b0110038_10380400.jpg


[PR]

by shogi-kodomo | 2017-09-26 10:39 | 子供将棋スクール・横浜 | Comments(0)

9月10日 横浜校

b0110038_12513253.jpg

今回の教室は、午前中に神奈川新聞の記者の方が取材でいらっしゃいました。
写真は、記者の方に促されながらポーズをとる上野先生。を、横から便乗して撮影してみました。

教室が始まるまで、大盤に詰将棋を並べておいて、待っている間に考えてもらうのですが、その問題は本から出題しています。
ある生徒に、「この問題○○先生の詰将棋のあった!」と、ずばりあてられ、どの本に出てる問題か見ただけでわかるなんてスゴイね!
と感心しきりでした。

他にも、自分たちで詰将棋を出したがったり、作ってみたりしていて、結構、詰将棋好きの生徒が多いみたい。
他のところも、そんなもんなのでしょうか。


野田澤彩乃

[PR]

by shogi-kodomo | 2017-09-13 12:50 | 子供将棋スクール・横浜 | Comments(0)

8月27日 横浜校(大会)

こんにちは。今日こそ髪を切ろうとして美容院を予約した矢先に、

ある人から「髪、すっきりしましたね」と言われて返答に困った、横浜校担当の上野です。


今日は、横浜校恒例、夏の大会でした。

翌日から新学期が始まる学校も多いとのことで、

今日は参加者がやや少なめでした。

‥ということはメダルがもらえる可能性も高まり?

各クラス熱戦が繰り広げられました。


普段の教室とは違う緊張感がある中で、

私が驚いたのが、上級クラスです。

このクラスは、初級、中級クラスよりもさらに真剣さがあり、

対局時計を使ったにも関わらず、熱戦が相次ぎ、リーグを全て消化できませんでした。


また、横浜校の大会に何度も参加して、今回初めて入賞した人がいました。

よく頑張った、と思います。


それから、成績とは別に、

抜け番でも真剣に他の人の将棋を見ていた人や、

感想戦を非常に丁寧にやっていた人など、

観ていて素晴らしい態度の人がたくさんいました。


勝った人も、そうでない人も、

今後に向けて良い経験になっていれば嬉しいです。


b0110038_10102571.jpg

b0110038_10105807.jpg
b0110038_10111344.jpg




[PR]

by shogi-kodomo | 2017-08-29 10:14 | 子供将棋スクール・横浜 | Comments(0)

7月23日 初級・中級・上級クラス

生徒の皆さんは、楽しい夏休みですね。
初級クラスは今までの中でも一番、大きい人数だったと思います。
最近は毎回、体験のお子さんが来られます。
藤井四段の活躍も、みんなには憧れかもしれませんね。
夏休みということもあってか、皆、いつも以上に元気でした。

中級、上級クラスは、だいぶ落ち着いた雰囲気でしたね。
クラスが上がると、最初は静かで慣れないかもしれませんが、それは棋力があがった証拠でもあります。
教室内の大会も近くありますので、それも目標にして頑張ってください。
夏休み、将棋大会や旅行、さまざまな経験を楽しんできてくださいね。

講師 中村真梨花
[PR]

by shogi-kodomo | 2017-07-24 16:41 | 子供将棋スクール・横浜 | Comments(0)

7月9日 横浜校

こんにちは。ズボンのシミが取れず、染み抜きの専門店に持っていくか、もう一度自分で頑張るか思案している横浜校担当の上野です。

今日の講義内容は以下の通りです。

初級「8枚落ちの定跡、棒銀」
中級「相手の狙いを読んで受ける」
上級「穴熊の崩し方」

テキストは横浜校独自のものが2年分位ありますので、
今はそれを整理しつつ、新たに作成もしている状況です。
序盤、中盤、終盤、攻め、受け、など、
バランスの取れた講義内容を心がけています。
時には横浜校で指した対局の局面をもとに、問題を作成することもあります。

ところで、8枚落ちは級位者にとって、一つの関門と言えます。
上手陣を棒銀や雀刺しで突破できても、金2枚の守りを崩すのは容易ではないからです。
しかし、成駒の活用や上手にと金を作らせないことなど、
基本をマスターすれば必ず卒業できますので、
みんなで頑張りましょう!

[PR]

by shogi-kodomo | 2017-07-09 21:02 | 子供将棋スクール・横浜 | Comments(0)

6月25日 午前・午後クラス

こんにちは、講師の中村真梨花です。
藤井四段の連勝が、教室の生徒たちの間でも話題になっていました。
あこがれの存在がいるのは、将棋を強くなっていく上でも、きっと大事なことだと思います。
8枚落ち、9枚落ちを卒業していく生徒さんが増えてきました。
手合いが上がると、簡単に端を突破できなくて悩んでいる子が多いですが、うまく端攻めできるようになれば、その手合いの卒業が近づいています。
あとは、詰将棋をしっかり解いて、詰みを逃さないようにしてくださいね。
[PR]

by shogi-kodomo | 2017-06-26 23:00 | 子供将棋スクール・横浜 | Comments(0)

6月11日 横浜校

だいぶ日にちが経ってしまいましたが、11日の横浜校日記です。

今回も、体験の子が来てくださり、ますます活気が出て来ています。
新しい生徒さんが増えると、刺激にもなるし楽しいですね。

しかし、当教室は、Y.Y.World(ワイワイ・ワールド)囲碁・将棋、という道場の一角をお借りしています。
午後からは、道場のお客様もいらっしゃいますし、相手のことを考え、広い視野を持って行動できるといいですね。

将棋も、81マスと狭いボードの上だと思いがちですが、一点に集中してしまうと、見落とし多発に。相手の手も読み、広く見渡すことが大事です。
特に初心者の段階では、それを心がけるだけでもずいぶん違ってきますよ。


野田澤彩乃



[PR]

by shogi-kodomo | 2017-06-22 08:39 | 子供将棋スクール・横浜 | Comments(0)