カテゴリ:午後クラス日記( 453 )

7月16日午後クラス

こんにちは。講師の渡辺大夢です。皆様いかがお過ごしでしょうか。生徒さんはこれから長い夏休みに入りますね。将棋を指す機会がいつもより増えるので、強くなるには絶好のチャンスです。夏は将棋大会やイベントが数多くあります。積極的に参加するようにしてほしいと思います。

この日の会館もスクールの子、2階の道場のお客様で満員でした。将棋熱がさらに増してきているように感じますね。低学年クラスでは、中級の講義を担当しました。みんな読みが早い。すぐに手が上がり答えてくれます。説明する前に逆に説明してくれたりもしました(笑)高学年クラスでは指導を中心に行いました。前に指したことのある子が、確実に強くなっている印象を受けました。終盤力がアップしていますね。そしてこの日は昇級者が多く出ました。おめでとうございます!

8月の子供スクールは日程が少し変則となっています。8月27日は合同将棋大会を予定していますので、ご参加をお待ちしています。なお、学年によって時間帯が異なるため、再度確認をお願い致します。
[PR]

by shogi-kodomo | 2017-07-17 02:23 | 午後クラス日記 | Comments(0)

7月2日 午後クラス

こんにちは。棋士の梶浦宏孝です。
7月2日は授業参観日でした。沢山の保護者の方がお越しくださりました。ありがとうございました。
今回は初級の講義を担当しました。テーマは「頭金」。将棋で一番基本となる詰みの形です。頭金で詰ます問題を4問やりました。みんな素早く解けていて良かったです。頻繁に現れる形であり、「玉は下段に落とせ」や「金はトドメに残せ」などの格言にも通じます。しっかり身に付けて実戦で活かしてください。

最近ぐんぐん気温が上がってきました。暑さに負けずに元気よく指しましょう!それではまた。

[PR]

by shogi-kodomo | 2017-07-08 19:46 | 午後クラス日記 | Comments(0)

6月18日午後クラス



b0110038_20523285.jpg
こんにちは。講師の梶浦宏孝です。暑さが日ごとに増してきたしたが、いかがお過ごしでしょうか。

今回は8枚落ちや6枚落ちを指して思ったことを書きます。
まず、下手はだいたい端から攻めてきます。ただ、金や玉を一度も動かさずに攻めるので、上手に5七までと金を寄られて4七桂の1手詰を食らってしまうことが多いです。どうしても攻めることに夢中になってしまうのでしょう。
そこでオススメしたいのが、端を攻める前に一度金や玉を動かすことです。7八金でも6八玉でも何でもいいです。端はいつでも突破できるので、自玉を守ってから攻めると勝率が格段に上がると思います。
「攻める前にしっかり守る、それから攻める!」これは平手にも通じることです。この感覚が掴めるとまた一歩強くなります。ぜひ実戦で試してみてください。

[PR]

by shogi-kodomo | 2017-06-24 11:10 | 午後クラス日記 | Comments(0)

6月11日 午後クラス



b0110038_20460920.jpg
本日の3・4級の講座は一手争いの終盤でした。終盤では状況判断とスピード感覚がとても大切です。
例えば、自分の王様に詰めろが掛かっているのに、相手の王様に詰めろを掛けようとするのは論外ですね。この場合は相手玉を詰ますか、自玉の詰めろを解除しなければいけません。これが強くなると、「自玉が○手後に詰めろが掛かるから、□手後に詰めろを掛ければと勝てる」というようになります。
また、3・4級の子は指導対局で四枚落ちを指すことになりますが、今までの駒落ちとは違い、上手に攻められることが増えます。つまり、攻め合いになりやすく、終盤力がつかないとなかなか勝ちきれません。
実戦や詰将棋で少しずつ力を付けて行きましょう。
石井健太郎
[PR]

by shogi-kodomo | 2017-06-11 18:29 | 午後クラス日記 | Comments(0)

6月4日 午後クラス



b0110038_20424657.jpg
この日の初級クラスでは、歩の手筋を使った講義をしました。
歩は一番弱い駒ですが、手筋がたくさんある駒です。
歩の使い方がうまくなれば、自然とステップアップにつながります。
将棋の勉強方法として、実戦を指すことが主になっている生徒さんが多いと思いますが、その中で実戦の他に日頃から手筋の本や詰将棋をやっていると、周りの子と差をつけられると思います。
やればやっただけ、いつか結果に表れてきます。

皆さん初段昇段を目指して、頑張ってくださいね101.png

伊藤沙恵

[PR]

by shogi-kodomo | 2017-06-05 23:34 | 午後クラス日記 | Comments(0)

5月28日 午後クラス

b0110038_20410439.jpg

こんにちは。講師の梶浦宏孝です。だんだんと暑くなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか。

今回、低学年のクラスでは講義を担当しました。
テーマは「歩の手筋の達人になろう!」焦点の歩や合わせの歩を勉強しました。歩の手筋は実戦でたくさん出てきます。うまく使えると棋力アップ間違いなしです。

高学年クラスでは初段昇段の一番の生徒がいて、卒業試験を指しました。対局中は絶対に初段になるという気迫を感じました。すごく良かったです。終盤、きがつかなかった寄せを食らって負かされました。卒業おめでとう!

みなさんも初段を目指して頑張ってください。

梶浦宏孝

[PR]

by shogi-kodomo | 2017-06-01 13:10 | 午後クラス日記 | Comments(0)

5月21日 午後クラス

b0110038_20391544.jpg

5/13(土)にNHKEテレで放送された小学生将棋名人戦をご覧になられましたでしょうか?
私も小学生の時に出場した思い入れのある大会です。

今回優勝をしたのは小学六年生の圓谷くんです。
彼は以前、子供スクールに通っていた生徒だったんですよ。
小学三年生の3月に昇段し卒業。
それからも将棋の勉強を続け、二年後に「小学生名人」という称号を手に入れました。
生徒の成長した姿をテレビで観れたのは講師冥利につきる。といったところでしょうか。

今回の高学年クラスは昇段、昇級者がとても少ない珍しい回となりました。
これはきっと嵐の前の静けさ。次回、昇級者がたくさん出そうです。

これからも生徒たちの活躍が楽しみです!

伊藤 明日香
[PR]

by shogi-kodomo | 2017-06-01 06:55 | 午後クラス日記 | Comments(0)

5月7日 午後クラス

b0110038_16170137.jpg

こんにちは。講師の梶浦です。5月7日はGW最後の日でした。旅行をしたという子も多かったです。良い思い出ができたでしょうか?

今回は初級の講座を担当しました。テーマは「金と銀の使い分け」です。金と銀は動きが似ています。しかし局面によってどちらを使うべきかガラッと変わります。そこが難しくて面白い所ではないでしょうか。実戦を積んで、少しずつコツを掴んでほしいと思います。

対局中はのびのび指している子が多かったと思います。ただ、はしゃぎ過ぎてうるさい子もいました。周りに迷惑をかけないよう注意しましょう。

それでは、次回も昇級昇段を目指して頑張ってください。

梶浦宏孝

[PR]

by shogi-kodomo | 2017-05-13 15:35 | 午後クラス日記 | Comments(0)

4月9日 午後クラス

b0110038_15100973.jpg





皆様こんにちは。講師の渡辺大夢です。新学期がスタートしましたね。春休みが終わると、学校の勉強と将棋の両立は大変だと思いますが、空いている時間を見つけて、将棋に触れる時間を作って頑張ってほしいと思います。

この日は低学年クラス、高学年クラス共に大盛況でした。振替でスクールに来た子も多かったようです。低学年クラスの講義は初級を担当しました。端に玉を行かせて必死をかける勉強をしました。常に日頃から教えていることですが、玉は広いほうに逃がすとなかなか寄せることができません。すぐ王手をかけてしまうのではなく、相手がどこに逃げようとしているのかを考えて指しましょう。対局の時間はおしゃべりが多かったかな。周りの子に迷惑をかけないようにしましょう。

高学年クラスは指導を中心に行いました。8枚落ち、6枚落ちの子にはよく負かされました。
寄せがみんな鋭くなってきています。全体的に受けが苦手な子が多いと感じました。

初段に上がり、この日に免除授与で卒業した子がいました。1級まではかなり早いペースで昇級しましたが、初段への道のりは長かった。でもよく頑張ったと思います。おめでとう!

4月23日は合同将棋大会です。学年によって来る時間帯が違いますので、お間違いのないように確認してご来館下さい。
[PR]

by shogi-kodomo | 2017-04-10 16:52 | 午後クラス日記 | Comments(0)

4月2日 午後クラス

b0110038_15074573.jpg



皆様こんにちは。講師の渡辺大夢です。4月に入り、だんだんと温かくなりつつありますね。生徒さんは学年が一つ上がり、新たな気持ちで望む新年度。この機会に、自分に合った勉強法を見つけて棋力アップして行きましょう。

将棋の勉強法で特に効果的なのは、実戦を多く指すことだと私は思っています。その他には詰将棋を解く、棋譜並べ、定跡の本を読むなど様々あります。将棋の対局をたくさんすると、いろいろな経験ができ、自分に足りないところが分かります。これを次に繋げていくと必ず上達します。スクールで教わったことを、普段通ってる道場などでも試してみてください。

低学年クラス、高学年クラス共に講義の時間、質問にはい!と元気な声が聞こえてきました。間違えても、積極的に答えてくれるのはとても気持ちがいいですね。もらったプリントは帰ってから回答プリントを見ながら復習してください。またこの日は昇級者も多かったです。

高学年クラスで初段に上がった子の免除授与がありました。聞くと1年と8カ月ぐらいでの卒業とのこと。おめでとうございます。これからも続けてほしいと思います。みんなも初段目指して頑張ろう!
[PR]

by shogi-kodomo | 2017-04-03 01:17 | 午後クラス日記 | Comments(0)