7月23日

b0110038_1716697.jpgなかなか梅雨明けといかない天気が続いていますが、
スクールの子供達の中には、夏休みに入ったという子もいました。
暑い夏が待ち遠しいですね。


b0110038_17162456.jpgさて子供スクールでの対局の後には、
必ず対局者の二人で駒を数えて片付けるように、指導しています。
ついつい忘れてしまいがちですが、駒は大切な道具です。
次に指す人の事も思って、習慣にしましょう。
片付ける時に、一人が歩を、もう一人が歩以外の駒を数えるようにすると、
効率よくできますよ。


村中秀史
[PR]

by shogi-kodomo | 2006-07-23 17:30 | 午後クラス日記 | Comments(0)

7月23日 雨のち曇

b0110038_17124827.jpg朝、若干の雨がパラつくもここはバイク乗りの感!
大丈夫だろうと、最近街乗り用に愛用しているモペットで連盟まで向かいました。

今日の体験入学は午後も含めて5名来てくれました。
緊張感もあったけれど、みんな集中して指していて感心しました。
早速入会してくれたお友達もいたよう。
少し、慣れてくると集中力を欠く子もたまに見受けられるので
この初心を忘れずに一緒に頑張りましょうね。

b0110038_1713103.jpgこの間羽生先生のインタビュー記事で興味深いものを見ました。
それは羽生先生が将棋を始めたばかりの小学生のとき、
将棋クラブに通いはじめた時のこと。
一日に6局~7局指していましたが、なんと最初の2~3ヶ月の間、ひとつも勝てなかったそうです。
それでも、将棋の駒を動かすのが楽しくて、負けては次、次と、とにかく実戦を多く指したそうです。
七冠王にもなる羽生先生でも、そういった時期があったのですね。

なんとなく自信が湧くエピソードです。
みんなも勝負にこだわる時期はもっと後からでもよさそう。
なにより力をつけることを第一に考えたいものです。

中倉宏美
[PR]

by shogi-kodomo | 2006-07-23 12:00 | 初心クラス日記 | Comments(0)

7月19日

今日は平手を中心にほぼ全員と指しました。
日曜からの振り替えも多く、機会があったらこちらも利用してみて下さい。
[PR]

by shogi-kodomo | 2006-07-19 20:30 | 水曜教室日記 | Comments(0)

久しぶりの

水曜教室でした。
前にやった時より人数が増えていて嬉しく思います。
将棋を初めて一ヶ月の女の子とやりました。
8枚落ちで大丈夫かなと不安でしたが、
そんな心配は無用でした。
1筋を攻略したあと竜を作り、その後角を飛び出して
三枚で攻める。基本に忠実な攻めです。
見事に負かされました。
定跡をちゃんと覚えていれば先生が相手だろうと
全く恐くないんです!
もう一つ大事なことは定跡を勉強した上でその一手一手の
意味をしっかり理解していくこと。さらなる上達が望めるはずです。
                      藤倉勇樹
[PR]

by shogi-kodomo | 2006-07-19 18:00 | 水曜教室日記 | Comments(0)

もうすぐ夏休み

b0110038_1049386.jpgもうすぐ梅雨が終わりますね。
夏休みの予定は立てましたか?
海外旅行や田舎に里帰りなど、出かける方が多いと思いますが、気をつけていってきて下さい。
報告楽しみにしています。


久しぶりにAコースに出ました。
しばらく会っていなかった生徒と話すことができ、王手将棋を指したりとても楽しい時間を過ごすことが出来ました。


b0110038_10515138.jpg今日は驚いたことが一つ。
少し前まで四枚落ちで少し苦戦していた子が1級まで昇級していました。
どのくらい強くなったんだろうと興味津々。二枚落ちで対戦。
ン?強い!!終盤難しい変化もあったもののうまく勝ちきられました。
以前に比べ踏み込みがよく、また受けもとても上手になっていました。
かなりの努力をされたんでしょうね。


b0110038_1052390.jpgそれにしても子供が強くなるのは早いものです。
一つのきっかけをつかむと一気に伸びます。
そのきっかけは人それぞれですが、
「同じ歳のライバルに先に昇級された。」
これが一番の発奮材料ですね。
競争相手がいることでやる気は倍増します。
良きライバルを作り切磋琢磨していけたらいいですね。
                   藤倉勇樹
[PR]

by shogi-kodomo | 2006-07-16 17:30 | 午後クラス日記 | Comments(0)

8枚落ちの理想

7月に入ってから蒸し暑い日々が続いてましたがここ2、3日は梅雨の影響で肌寒いですね。着る服を天候に合わせるなどして体調を崩さないようにしましょう。
今日は体験入学の生徒との対局の中身で感心した事がありました。簡単に言うと8枚落ちの理想の流れは
1→端を大駒を使った数の攻めで破る。
2→飛車、角、香を成り込む。
3→竜、馬、成香の3枚を協力して上手王を寄せる。
普通の手順のようですが手順3は初心クラス卒業間近の子でもあまり出来てなく意外と難しいようですね。
体験入学の時点で3点しっかりと出来ていたのにはびっくりです。
8枚落ちで寄せに時間がかかってしまう子は3枚の攻めを心がけてみましょう。きっと簡単に勝てるようになりますよ。
いよいよ待ちに待った夏休みですね。各地でいろいろな将棋イベントがありますので是非参加してみて下さい。

(佐藤和俊)
[PR]

by shogi-kodomo | 2006-07-16 12:00 | 初心クラス日記 | Comments(0)

7月9日 午前クラスの日記 

b0110038_15591423.jpg今日は体験入学に7名来ていただきました。
私も三人の子と指しましたが、みんなルールはしっかりと覚えてくれていて完璧でした。
指導対局の八枚落ちというのは初めてだと思うので、最初は「なんでこんなに落としているのに難しいのだろう?」と不思議に思うかもしれませんが、それは将棋の奥深さを知る最初の第一歩かもしれません。


b0110038_15593251.jpgそれから、午後クラスの話になってしまいますが、講義の時間がバラバラに終わると他のクラスの子が混じってまだ終わってない講義中の生徒が集中できない。
というご意見を伺いました。確かにおっしゃる通りです。
そのあたり、時間の徹底をはかるとともに、内容によって多少(2、3分)のズレが生じるときは、時間までそのまま部屋で待機させるなどの対策を検討したいと思います。


b0110038_1624999.jpg高田先生がごほうびについて書かれていましたが、私も小さい頃そのごほうびが楽しみで将棋を指していた一人です。
というか、中倉家ではそういう風に将棋を頑張ったときにしか欲しい物を買ってもらった記憶がないくらいです。
昇級したり、昇段したり、その節目節目に思い出の品があります。
確かアマ初段になったとき、ファミコン(初期のもの、時代を感じます^^;)を買ってもらったっけ。。
なので、何か欲しいものがあったら=将棋を頑張るという方程式が自然になってしまいました。


b0110038_1605486.jpgまぁ、ここまで徹底するのもどうかと思いますが、何か手に入れるためには、それなりの努力をしなければいけない。という習慣が身に付き、今となっては感謝しているところではありますね。。

中倉宏美
[PR]

by shogi-kodomo | 2006-07-12 11:38 | 初心クラス日記 | Comments(0)

7月9日 午後クラスの日記 ごほうび

b0110038_154535100.jpg「緊張する・・・」
6月18日に初段に昇段した富田伊織君が高学年の部のはじまりの前に。
さっそくあいさつの時に免状授与式が行われました。
Bコースの授業参観の日だったので、保護者の方たちも加わりより盛大な拍手が。
緊張は解けただろうか。それとももっと緊張したかな?
これからどうするかは「わからない」と言っていたけれど、ぜひ続けて楽しんでください。


b0110038_1546554.jpg前回初心クラスの日記で、お子さんの棋力向上のために親御さんがしてあげられることはとても少ないと書きましたが、少ない中に、ごほうび作戦というのはあります。
最近では、「昇級するとおばあちゃんにお小遣いをもらえるんだ」とはりきっている8級くらいの子もいます。
昇級したら何かを買ってあげる、またその日はちょっとごちそうをなど各家庭によって様々でしょう。
「おめでとう」「よかったね」「でもまだまだこれからだぞ」などのひとことだけでも充分かもしれませんが。
特に級がまだ下のほうのうちは。


b0110038_1548244.jpg私が中学生になったころのことですが、将棋センターの土曜、日曜のトーナメントに参加して砂糖2kgや缶詰などを優勝、準優勝の賞品としてよくもらっていました(だいぶん前の日記にも書いたことですが)。
当時としてもめずらしい賞品だったと思いますが、砂糖袋の重さを感じて「やったー」と。
ごほうびとは違いますが、はげみになったのを思い出します。


b0110038_15532762.jpg将棋を勝ってほめてもらえたり、形あるものをもらえるというのは、必ず必要なことではありませんが、プラスアルファの力にはなると思います。

高田尚平
[PR]

by shogi-kodomo | 2006-07-11 09:58 | 午後クラス日記 | Comments(0)

7月5日 水曜教室の日記

梅雨本番!というような言い方はしないのでしょうけれど、
そんな感じの一日でした。

自信なさそうに、おっかなびっくりに指している生徒が何人
かいて、少し気になりました。でも悪い手を指してしまうのは
あたりまえ。自分で考えた手、思いついた手を、自信とまでは
いかなくても、決断よく指すように、指せるようになってください
(少しずつでも心がけてもらえれば)。
どの手が悪かったか、どの手がいい手だったのかは講師の
先生たちがアドバイスします。

今の少人数の水曜教室なら、より時間をかけてアドバイスできる
と思います。

高田尚平
[PR]

by shogi-kodomo | 2006-07-06 17:58 | 水曜教室日記 | Comments(0)

7月・8月の子供スクールの日程

7月 2日Aコース(授業参観) 
   5日水曜教室(講師 高田・村中)
   9日Bコース(授業参観)
   16日Aコース
   19日水曜教室(講師 藤倉・佐藤和)
   23日Bコース

8月 2日水曜教室(講師 飯塚・島井)
   6日Aコース
   20日A・B合同将棋大会
   27日Bコース
   30日水曜教室(講師 本田・中倉)

水曜教室の担当講師は変更の場合もあります。ご了承ください。
日程のお知らせが遅くなってしまったことも、重ねてお詫び申し上げます。

講師・道場課
  
[PR]

by shogi-kodomo | 2006-07-05 13:05 | お知らせ | Comments(0)