11月26日初心クラス

b0110038_14304395.jpg昨日、今日とJT日本シリーズ東京大会が開催されました。昨日の子供大会に参加した子もいたようですね。

私が子供の頃に比べると最近は子供が参加できる大会が増えてきました。レベルごとにクラス分けされている大会もあるので力に関係なく参加しやすい環境が整いつつあるようです。

b0110038_14312644.jpg大会では普段の対局とは違った独特の緊張感があり(予選を抜けたらトーナメント戦といった形が多く1局の重みが大きい)なかなか得がたい経験ができると思うので機会があったら是非参加してみて下さい。


b0110038_1434953.jpgさて今日の初心クラスは40名を超える人数で盛況な1日でした。10級に昇級者が7人!出たのは特筆すべきことですね。もちろんこれに満足するのではなく貪欲に上を目指して頑張りましょう。


佐藤  和俊
[PR]

by shogi-kodomo | 2006-11-27 00:20 | 初心クラス日記 | Comments(0)

11 月 26 日 午後日記

b0110038_14284084.jpg12月も目前、寒さも厳しくなってきました。

風邪には気をつけて、過ごしましょう。

コタツに入って詰め将棋を解く、というのもいいかもしれません。


b0110038_1429392.jpg子供スクールでは、初段に昇段して卒業となると、初段免状が授与されます。
米長会長、渡辺竜王、森内名人の署名の入った豪華なものです。なかなか初段は
大変ですが、免状は一生の宝物となるので、ぜひ頑張ってほしいと思います。


b0110038_1435255.jpgさて、来月17日は毎年恒例の「子供スクールクリスマス会」です。

今年も楽しい企画を用意しています。お楽しみに!


村中秀史
[PR]

by shogi-kodomo | 2006-11-26 15:30 | 午後クラス日記 | Comments(0)

11月19日午後クラス日記

b0110038_1484692.jpg雨模様の寒い一日でした。
来月で今年も終わりですね。
年末にはクリスマス会もありますし、今年も残りわずか、張り切って頑張りましょう。

低学年の部では山下君が念願の昇段を決めました。
敬語がきちんと使え、大人びた言動はたびたび講師陣を
驚かせてきました。

b0110038_1492985.jpg実力も兼ね備えて、これから残りのスクールではみんなの模範になるような
対局態度でさらに腕を磨いてくださいね。

高学年の部では秋山君が昇段。
最後の対局は、悪くなりそうなところも粘り強く考え、あきらめない姿勢が
すばらしかったです。
今後もこのスクールの経験を活かし、更なるステップアップを期待しています。



中倉宏美
[PR]

by shogi-kodomo | 2006-11-21 18:13 | 午後クラス日記 | Comments(0)

11月19日初心クラス日記

b0110038_12271420.jpgこんにちは。
朝晩の冷え込みに冬の訪れを感じるようになりました。
そんな中、今日もスクールのみんなはとても元気です。


b0110038_12273444.jpg先日研修会の指導対局に行きました。
スクールの卒業生も多数在籍していて、懐かしい顔ぶれに、昔話に花が咲きました。
神妙な顔で「その節はお世話になりました。」
などと言われると、こちらもうれしいです。
少年の成長の早さには目を見張るものがありますね。
肝心の対局も卒業時に比べて、随分レベルが高くなっているのがよくわかります。
2枚落ちでかなり難しい寄せを、正確に寄せきられたのには驚きました。


b0110038_1228353.jpgさて、本日は10級昇級者が6人と多く、にぎやかでした。
8枚落ちで指しましたがみんなしっかりした将棋でした。
狙いを持った序盤がある、初歩的な寄せができる、といったあたりが10級のだいたいの目安になるでしょうか。
中には半年ぶりの昇級のお子さんもいて、喜びもひとしおといった感じでした。
初心クラス卒業になりますね。
おめでとうございます。


b0110038_12284122.jpg来月はクリスマス会もあり、スタッフ一同いろいろと用意しています。
お楽しみに。

飯塚 祐紀
[PR]

by shogi-kodomo | 2006-11-19 12:00 | 初心クラス日記 | Comments(0)

中高生の部

 今日は対局前に当日行われていた竜王戦第3局の簡単な解説を飯塚六段がしました。
将棋は大熱戦だったようですね。機会があったら是非生徒の皆さんもタイトル戦の解説会を見に行って最高峰のプロの将棋に触れて見てください。

佐藤 和俊
[PR]

by shogi-kodomo | 2006-11-17 00:06 | 水曜教室日記 | Comments(0)

11月15日日記

このところ寒さが増してきましたが
半そでの子がいたのには驚きました。
将棋もとても元気でよかったです。
今年もあと少し。がんばっていきましょう!

飯塚 祐紀
[PR]

by shogi-kodomo | 2006-11-15 21:00 | 水曜教室日記 | Comments(0)

11月12日 午後クラス日記

b0110038_16453657.jpg秋から冬へと移行する季節。子供たちの服装も、先月からはずいぶん様変わりをしたなあという印象です。
中には風邪っぽい子もちらほら。
・・・という私が、乾いた空気のせいかのどを2日ほど前からやられてしまいました(本当にのどだけです)。
講義のときは聞きづらかったと思います(ゴメンナサイ)。
みんなもうがいをするなど、気をつけてください。


b0110038_16484887.jpgBコースの授業参観。低学年クラスでは、なんと34人の方が
参観にいらっしゃいました。椅子が足りなかったりしてご迷惑
をおかけしましたが(手際が悪くてすみませんでした)、熱心に
お子さんの様子を見たり、講義などにも耳をかたむけていただ
いたようです。


b0110038_1647186.jpg私は中級の講義を担当し、今日のテーマは詰将棋。
得意な子と苦手な子といろいろで、得意な子は本当に早い。
大盤に駒を配置する間もなく「解けた!」という子も。
でも時間をかけなくてはわからないという子も、自信をなくすことはありません。
詰将棋は慣れるということがとても大きいので、たくさん解くことによって自然と解ける時間は短くなります。
また、「こんな形実戦では出てこないよ」という声も。
実戦に役立つような詰み筋の詰将棋のほかに、確かに実戦には出てこないような詰将棋もあります。

b0110038_16503120.jpg詰将棋を解くことの効果はなんでしょう?
一番はたくさんの詰み筋を身につけることですが(解けるとうれしいし)、もうひとつの効果は読みの訓練です。
読みの訓練とは頭の中で駒を動かすこと。
なので実戦で出てこないような詰将棋でも読みの訓練になるんですよ。
そうですね~、中級、上級くらいになったら(もっと下の級でも手数が短い詰将棋なら)盤に並べて駒を動かして考えるのではなく、なるべく頭の中で詰将棋を解くように心がけてください。

高田尚平
[PR]

by shogi-kodomo | 2006-11-12 22:14 | 午後クラス日記 | Comments(0)

授業参観

 11月とは思えない暑さでしたが、これからいよいよ冬の到来ですね。
出かけるときは一枚予備で持っておくと風邪を引きにくくなるかもしれません。
備えあれば憂いなしですね。
 今日は授業参観の日でたくさんの保護者の方がお越しくださいました。
私は14,15級の講義を担当。少し簡単すぎたかもしれませんが、14、15
の場合個人差がかなりあるので確認の意味で簡単な講義でした。
 指導は体験を担当。姉妹できてくれていて指したのですが、二人とも基本が
できていて驚きました。これからがとても楽しみで中倉姉妹に続く二組目の
女流棋士も夢ではないかもしれませんね。姉妹で一緒に強くなれるよう頑張って下さい。
 来月17日はいよいよクリスマス会です。お菓子を食べつつみんなでいっぱい遊びましょう。
イベントが盛りだくさんあるので賞品を獲得できるよう頑張ってね。
                                  藤倉勇樹

 
[PR]

by shogi-kodomo | 2006-11-12 00:00 | 初心クラス日記 | Comments(0)

11月5日 午前クラスの日記

b0110038_16345013.jpg今日は授業参観でした。

最初の挨拶で、「家族と将棋を指した事ある人?」という質問をするとほとんど手があがりました。
お父さんから教わった人、おじいちゃんから教わったという人が多かったかな?


b0110038_1635463.jpg私も例外ではなく父から将棋を教わりました。
父を追い越すレベルになったのは中学生くらいだったでしょうか。。

でもスクール生徒ではすでに家族で一番強い!という子が多かったですね。


b0110038_1636305.jpgただ、将棋はおじいちゃんから孫まで三世代にわたって共通の遊びになりうるゲームです。
ぜひ家族みんなで将棋を楽しんでほしいですね。

普段、将棋を指されなくて今日、授業参観で将棋に興味を持たれた
方がいらっしゃれば嬉しいです。
とくにお母さん方、ぜひ始めてみませんか?(^^)

中倉宏美
[PR]

by shogi-kodomo | 2006-11-05 23:43 | 初心クラス日記 | Comments(0)

参観日

b0110038_16154715.jpg 参観日という事で、私も若干緊張しました。
 中級クラスの講義を受け持ちましたが、5階の和室が生徒だけでもぎゅうぎゅうの状態でした。
上級クラスの壁は少々厚いようですが、中級になると大体の手筋や定跡を知っており、棋力も安定してきます。
感覚である程度手が見えますが、一歩踏み込んだ読みができるように、力をつける頃ですね。

b0110038_162255100.jpg  講義では中盤の次の一手、一見ピンチに見える局面で、上手い切り替えしを考えてもらいました。“ピンチはチャンス”とも言えます。
技をくらってしまったかに思えるところで、あきらめず読んでみると、逆に好手があり良くなる事もあります。

b0110038_16253083.jpgそのためには、相手の持ち駒もよく見て、盤面全体を広く見る事が大切です。
“苦しい時は戦線拡大”といいますが、一部で悪くなっても他でポイントをあげればいい勝負になります。
少し失敗したと思ってもあきらめない事が大事です。


b0110038_162684.jpg 私も昔はすぐ「ちょっと悪くなったかなぁ」と思って悲観的になりやすかったのですが、気持ちを切り替えて前向きに考えるようにすると、やはり簡単には負けなくなりました。
相手も間違えるので、チャンスが来るからです。
やはり最後まであきらめない気持ちが大切ですね。
みんなも前向きに、最後までいっぱい考えて勝利を目指しましょう☆

 島井 咲緒里
[PR]

by shogi-kodomo | 2006-11-05 12:30 | 午後クラス日記 | Comments(0)