3月22日 初心クラス

b0110038_11272936.jpg


この日は6年生の卒業式でした。
毎年のことですが、やっぱり卒業式は淋しくなります。
でもそれだけ皆さんが成長しているということですね。
最後の日に、10級にあがった生徒もいて
とても良かったと思います。
中学生になっても将棋を続けてほしいです。

今回の10級昇級者は3名でした。
おめでとうございます☆
10級になると授業の開始時間が変わるので
気をつけて下さい。

及川 拓馬
[PR]

by shogi-kodomo | 2009-03-24 22:23 | 初心クラス日記 | Comments(0)

3/22 午後クラス

b0110038_16351173.jpg

今回も子供スクールの授業参観日ということで
60名近くの保護者の皆さまにお越しいただきました003.gif
 
子供達が将棋に取り組む姿を見ていかがだったでしょうか?
この教室で出来た友達も多く、みんな真剣に、楽しく将棋を学んでいます。

今後も技術を磨くとともに、姿勢やマナーを学んでもらえるよう
指導してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

6年生は最後の教室となりましたが、昇級、昇段をする子が多く
最後まで精一杯頑張って、勝ち星を手に入れようとする姿が
素晴らしかったです。
これからもその思いを忘れずに、ぜひ将棋を続けてくださいね072.gif


   伊藤 明日香
[PR]

by shogi-kodomo | 2009-03-24 11:53 | 午後クラス日記 | Comments(0)

3月22日 スーパーセミナー

b0110038_11112450.jpg
b0110038_11104496.jpg

皆さんこんにちは。講師の中村太地です。
少し見ないうちにみんな棋力があがっていて驚かされました。
特に、初段の免状を受け取った日に二段に昇段した生徒がいたことには
本当に驚きました。子供の上達は早いですね。

6年生の生徒で今日をもって卒業される生徒さんがいました。
今までどうもありがとうございました。
ぜひこれからも楽しんで将棋を続けていってもらいたいです。
4月からは中学生ですね。小学校とはまた違った素晴らしい
学生生活が待っていると思います。
将棋、勉強、部活、友達、精一杯楽しんでください!!
私はみんなが充実した学生生活を送れるよう願っています。

中村太地
[PR]

by shogi-kodomo | 2009-03-24 10:23 | スーパーセミナー日記 | Comments(0)

水曜教室

b0110038_11271024.jpg

今日はとても暖かく、半袖で来た元気な子供達の姿がみられました058.gif

水曜教室でも6年生は卒業となりました。
記念品として「左馬の置き駒」を贈呈しました。是非、家に飾って、
この置き駒をみたら子供スクールでのことを思い出してくださいね016.gif
中学生になると勉強や部活に忙しくなると思いますが、
「中・高学生パワーアップ」などの教室や、将棋大会やイベントなどに参加して
将棋をずっと続けてくれると嬉しいです001.gif

本田小百合
[PR]

by shogi-kodomo | 2009-03-18 16:30 | 水曜教室日記 | Comments(0)

3月15日 午後クラス

b0110038_11254612.jpg

  本日は授業参観日でお忙しい中60名を超えるご父兄の皆さんに参観して頂きありがとうございました。
 また今日はAコースの6年生の生徒には最後の子供スクールとなり終了後簡単な卒業式が行われました。

 初段になれた子、残念ながらなれなかった子も今後も将棋を続けてほしいことがスクールスタッフ一同の強いお願いです。将棋連盟では中学生向けに中高生パワーアップ将棋塾が日曜日にありますのでこちらの方もよろしくお願いします。

 また私事ですが今日のスクールを持ちまして子供スクールの講師を退任することとなりました。講師を4年と3ヶ月務めさせてもらいましたが子供たちが将棋が強くなることだけではなく精神的にも成長していく姿を近くで見ることができてとてもいい仕事と経験をさせてもらったと子供たちには感謝の気持ちでいっぱいです。
 
 子供スクールでは1日で子供たちと20~40局は指していたと思うのでざっと計算しても4年間で2000局!以上は指したのではないかと思います。 このようにたくさんの思い出があるスクールを辞めみなさんと指せなくなるのはとてもさびしいことですがまたいつの日か将棋イベントや大会などでみなさんと盤を交えて再会できることを楽しみにしてます。

 4年間ありがとうございました。


   佐藤 和俊
[PR]

by shogi-kodomo | 2009-03-17 00:06 | 午後クラス日記 | Comments(0)

3月15日スーパーセミナー

b0110038_11131453.jpg

  三月になって少しずつ暖かくなりましたね。

  スーパーセミナーでも6年生が卒業間近ですがそのなかで今回見事昇段した子がいました。
 本人も気づいてなかったみたいでとてもびっくりしてましたがギリギリ間に合って良かったですね。

 今回は講義では序盤を中心に解説しました。少し専門的になってしまいましたが一つでも手筋を覚えてくれればよいなと思います。

   横山 泰明
[PR]

by shogi-kodomo | 2009-03-16 14:32 | スーパーセミナー日記 | Comments(0)

3月15日 初心の部

b0110038_11303083.jpg

皆さんこんにちは。講師の近藤です。
15日はAコース最終日で、多くの6年生は卒業となりました。
楽しかった事、悔しかった事等、色々な思い出をこれからの人生に
生かせて頂けたらと思います。
また当日は授業参観日で、全体で62名の御父兄様に
御来館頂きまして有難うございます。
来年度も皆様の期待に添えられる様、講師一同頑張りますので
宜しくお願い致します。

近藤正和
[PR]

by shogi-kodomo | 2009-03-16 11:57 | 初心クラス日記 | Comments(0)

3月8日 午後クラス

こんにちは(*'V`艸)☆+
今日は沢山の子供たちが元気良く来てくれました!!この季節は花粉症の方も沢山いらしゃると思いますが、子供たちの中にも何人か花粉症の子が居ました008.gif
私は花粉症にまだなっていないのですが、きっとすごく辛いんだろうなーって思いました。

今回の講義で詰将棋をやりました053.gif053.gif
皆さんは詰将棋沢山解いていますか?
みんな詰将棋は実際に対局するのと違って、一人で行うトレーニングみたいなものなので、ちょっと続けてやるのは厳しいですよね~。
私も詰将棋が苦手なので・・・続けるアドバイスとしては嫌いなことはしない(笑)
難しい詰将棋を解くよりも簡単なものから沢山解いていったほうがいいと私は思います!!
そこから少しずつ解く問題数を増やしたり、手数の長いものを解いたりと段階を重ねていくと自然と続けられると思うので、皆さんも是非詰将棋にチャレンジしてみてください006.gif


実際にみんなの詰将棋を解いているときの様子を見ていると、詰将棋が得意な子と苦手な子がいますね。苦手でもじっくり考えることが大切なので、諦めないで考える姿勢は素晴らしいと思います(☆´∀`)/

これからは詰将棋を解いて、レベルアップを目指してみてください(●^皿^●)

井道 千尋
[PR]

by shogi-kodomo | 2009-03-09 22:50 | 午後クラス日記 | Comments(0)

3月8日初心クラス

3月に入り暖かい日が続いてきましたね056.gif
また、卒業シーズンとなりました。6年生は寂しいですが今月で最後と
なります。悔いのないように残された子供スクールで一生懸命将棋を指して
思い出をつくって下さい003.gif

今日は体験入学に8人来てくれました016.gif
体験生は9時45分集合なのですが、毎回、遅刻や無断欠席、申し込み
なしで当日来られる方がいらっしゃいます008.gif
毎回8人までしか受付けることができませんので注意していただけると助かります。

これからもスムーズに気持ちよく体験していただけるよう講師一同努めていきます
ので宜しくお願いいたします。

本田小百合
[PR]

by shogi-kodomo | 2009-03-08 10:30 | 初心クラス日記 | Comments(0)

3月4日 水曜教室☆

こんんちは(☆´∀`)/
みんな、今日も元気に挨拶をして来てくれましたね053.gif
水曜教室は学校が終わってから来るので、遅れてくる子が多いですね007.gif007.gif
講義が途中からになってしまう場合もありますが、プリントを見て自分でも勉強してみてくださいね!!

水曜教室は人数も日曜日に比べると少ないので、子供たちの顔ぶれがあまり変わらず、みんな仲がいいですねヾ(*・ω・*)子供たち同士で講義の問題に対して相談して考えたりする姿をみると意見の交換が自然と出来ていていいなぁ~と思いました(●^皿^●)

対局の様子を見ていて思ったのですが、駒をちゃんと数えて片付けていますか??対局姿勢も大切ですが、駒を数えて片付けるのも大切だと思います001.gif
これからは時間がかかるかも知れませんが、ちゃんと駒を数えて片付けてくださいね☆

井道 千尋
[PR]

by shogi-kodomo | 2009-03-05 21:55 | 水曜教室日記 | Comments(0)