12月20日クリスマス会


b0110038_10274175.jpg


12月20日に、一足早く「子供スクールクリスマス会」がありました。

300人近い子供たちが集まってくれて、いつも以上にわいわいと楽しくできたと思います。

また毎年恒例?となっている講師のサンタに変身するコスチュームも、子供たちが喜んでくれたので、恥ずかしながらもやった甲斐がありました(笑)

ビンゴ大会では、たくさんの景品が子供たちに行き届いた(渡辺竜王の直筆色紙も!)ようで、将棋を通じて楽しく過ごせた1日となりました。

最後にこのクリスマス会に際し、読売新聞社、渡辺竜王をはじめ各方面の方々にご協力をしていただきました。この場をかりて御礼いたします。

それではみなさん良いお年を^^


佐藤慎一
[PR]

by shogi-kodomo | 2009-12-24 14:05 | イベント | Comments(0)

12月20日スーパーセミナー


   
  こんにちわ。講師の横山です。


  今回は年内最後の授業でしたが、見事三段になってスーパーセミナーを卒業する生徒が2人も出ました。おめでとうございます。
 卒業した生徒はこれからも頑張ってください。また、三段といえば高段者ですから他の生徒にも模範となるような対局態度をしてもらえればと思います。

  講義では最近は授業中に詰め将棋を生徒に作ってもらいそれを発表してもらってます。子供たちの作る作品を見ているといかに生徒たちが詰め将棋を解いているかが良くわかりました。とても楽しく生徒にも好評だったのでまたやろうかと思っています。
 
  
     横山 泰明
b0110038_1194379.jpg

[PR]

by shogi-kodomo | 2009-12-23 18:06 | スーパーセミナー日記 | Comments(0)

12月20日 クリスマス会

b0110038_10291315.jpg

こんにちは003.gif053.gif
12月20日はクリスマス会でした!!
学年ごとに分かれてのイベントで、ビンゴやついたて将棋、クイズなどゲームをして盛り上がりました072.gif

1番人数が多かったのは3.4年生です。
101人もの子供たちが参加してくれました(*'V`艸)☆+
この大会は普段日曜に来ている子だけでなく、水曜教室に来ている子も一緒に参加しているので、普段よりも人数がおおくなります001.gif056.gif
人数が1番多い、3.4年生は元気も1番良く、熱気がすごかったです。
中でも、ビンゴのときの白熱振りは圧倒的でした(笑)
自分が狙っている数字を叫んでみたり、友達と競い合ったりと友好を深めていました♪


こういった将棋の勉強以外の事は気分転換にもなるし、友達と仲良くなるきっかけにもなるので、今後のスクールに来るのがドンドン楽しくなると思います(●*・v・)
やっぱり、仲のいい子が出来ると楽しさも倍増ですからね!!


5.6年生のクラスでは、流石高学年といった感じで落ち着いてゲームを楽しんでいました☆
ついたて将棋では順番を守り、みんなで指し手を考えて、また、読みも深く、熱戦が繰り広げられました!!
終わった後についたて将棋の感想戦をやったのですが、実際に盤に並べてみると普段指している将棋では考えられない指し手が連発して、見ているだけで笑いが絶えませんでした(笑)子供たちも笑顔で笑ってくれていたので、見ていて嬉しかったです(o>∀
ビンゴ大会の景品は読売新聞の方から扇子を沢山頂き、また渡辺竜王からは色紙などと豪華なものを頂きました(人´∀`*)本当に、ありがとうございます!!
子供たちも豪華な景品に目を輝かせていました012.gif053.gif
残念ながら景品がもらえなかった子も、参加者全員にあたるマグカップとハンドタオルの参加賞があるので、みんな手に抱えるほどの荷物を持って、帰りました!!

子供たちの笑顔を見て、喜んでもらえたんだと思いました☆(*ゝω・)
また、来年も素敵なクリスマス会をやりたいです!!
そして、年明けから気持ちを切り替えて将棋の勉強を一緒に頑張りましょう056.gif


井道 千尋
[PR]

by shogi-kodomo | 2009-12-23 01:38 | 午後クラス日記 | Comments(0)

12月16日水曜教室

こんにちは、講師の佐藤慎一です。

12月16日の水曜教室も、40名近い子供が来てくれました。
ほとんどの子供達が学校終わったあと来てくれてますから、その元気の源を少し分けて欲しいなあと思っちゃったりします(笑)

しかし、この日は僕は上級(1~4級、高学年)の子供達の講義をしたのですが、元気があり余っているのか非常にざわざわしてました。
将棋以外のことで話に熱中している子や、隣の子とふざけあっている子。
講師も注意しますが、一生懸命講義を聴いてくれている子もいるので、そういった子たちに付きっきりに注意してるわけにはいきません。

もう高学年ですから、今自分でやるべきことをしっかり自覚を持って欲しい。
1~4級ですから、今頑張れば一気に初段まで行けます。
ダラダラしてしまっては、せっかくの棋力が伸び悩んでしまいます。

対局中は皆集中して(勝ち負けがハッキリつくから)いますけど、講義のところで集中して聴いてくれる子が一番棋力が伸びる子です。

少し厳しくなってしまいましたが、子供スクールでは上級の子たちは皆の模範にもなって欲しいので、棋力だけではなく対局態度やマナーにも十分気をつけて自覚を持って欲しいと思ってます。


佐藤慎一
[PR]

by shogi-kodomo | 2009-12-18 13:56 | 水曜教室日記 | Comments(0)

12月13日初心(午前)日記

皆さんこんにちは、講師の佐藤慎一です。

12月13日の初心の部では、自分は体験入学の子供達と将棋を指しました。
この日は5名の子供が来てくれて、皆それぞれ棋力も歳も違いましたが、楽しそうに将棋を指していました。

将棋を覚えたての幼稚園~低学年の子供の場合、初心コースから入って、徐々に力を付けていくというのが基本なのですが、覚えたての高学年の子の場合は自分は違うふうに考えています。

最近あったことなんですが、体験で高学年の子が来てくれて11級~12級と認定しました。
普通なら初心の部からスタート(12級から)するところなのですが、やはり初心の部だと小さな子が多く、また時間も1時間30分と若干短い。

僕は思い切って高学年の部からスタート(10級)することをお勧めしました。

高学年にもなれば、自分で本を読むこともできるし、2時間の授業でも集中力を切らすことなくできる。一番大事なのは本人のやる気、負けてもへこたれない心なんですね。

そしてその彼は、半年くらいで7~8級になっています。

やはり同学年の自分よりちょっと強い子と指すことが、一番の上達法なのだなあと思いました。

負けても腐らず、失敗を糧にして次にチャレンジすることはどの世界でも大事なことだと思ってます。


佐藤慎一
[PR]

by shogi-kodomo | 2009-12-18 13:30 | 初心クラス日記 | Comments(0)

また来年   12月13日スーパーセミナー

b0110038_15542595.jpg

皆さんこんにちは。スーパーセミナー講師の熊坂です。
 今年最後の出番ということもあり、やや難しい講義、力のはいった指導を心がけました。
 生徒達はやや悪戦苦闘気味でしたが、小さな積み重ねが大事で上達につながるのです。
 皆に一つ言えることはもっと自信を持つことです。たくさん指し、たくさん負け、たくさん勝つことが、自身を成長させる1つです。まだまだこれから。皆頑張れ!!

 あと10日位で冬休みでしょうか?長い休みは子供にとって大きく成長する時期でもあります。よく遊び、よく学び、身体に気をつけて年を越しましょう。
 また来年、生徒達が伸び伸びと将棋を指せるよう、スタッフ一同、力をあわせていきたいと思いますので宜しくお願いいたします。
                                               四段 熊坂 学
[PR]

by shogi-kodomo | 2009-12-13 23:33 | スーパーセミナー日記 | Comments(0)

12/6 スーパーセミナー

b0110038_1825033.jpg


今回初めてスーパーセミナーで講師を務めました012.gif
子供スクールに通っている顔なじみの子もいて、
自然に溶け込んで授業をすることができました♪
スクールを卒業後この教室で二段に昇段し、
さらに上を目指している子を見ると私も刺激されます072.gif

この日、体験に来た男の子は今まで地元のおじいさん達から教わっていたそうで、先月あったJT将棋日本シリーズ東京大会で1000人以上の小学生が対局する姿を目の当たりにして「こんなにもいるんだ」と彼の中で驚きと、喜びがあったそうです。
同い年の子供達と将棋を通して友達になり、良きライバルになり切磋琢磨できる
環境というのは必ず向上につながると思います056.gif実際、私がそうでした。
この日、彼の楽しそうに将棋に向き合っている姿がとても微笑ましく思いました001.gif

伊藤 明日香
[PR]

by shogi-kodomo | 2009-12-09 17:54 | スーパーセミナー日記 | Comments(0)

12月6日初心者クラス日記

b0110038_10273184.jpg

 皆さんこんにちは。講師の近藤です。
2日の水曜教室、6日の教室共に大勢のお子さんが来館してくれました。
対局前に30分行う講座がとても役立っているようで、終盤力がとても付いてきています。
特に詰将棋の練習が相手玉の詰みと自玉の詰み逃れに対し、瞬時に好判断を生んでいて、今後も引き続きやっていこうと思っています。
この教室に興味のある方は是非体験入学を御利用下さい。講師一同心よりお待ちしております。

近藤正和
[PR]

by shogi-kodomo | 2009-12-09 10:48 | 初心クラス日記 | Comments(0)

12月6日午後クラス

b0110038_10302918.jpg

今日は暖かい一日でした056.gif
半袖姿で教室に入ってくる子もいて、子供達の元気に驚きました。
でも、風邪には気をつけてくださいね。

上級クラスの講義では、詰将棋を解きました。
詰将棋は、はっきり好き嫌いがでるようで、好きな子は普段から問題を解いているので
短時間で詰ますことができますが、嫌いな子は考えるのも面倒な顔をしています002.gif
やはり、手数が長くてずっと考えても解けないと嫌になりますよね。
今回は上級ということで9手詰めの問題でしたが、手数の長い問題は
3手詰めの手筋の繰り返しですし、実戦で長手数で必ず詰まさなければいけない、
という局面はあまり出てきません。
将棋は最後の玉を詰まさないと勝つことが出来ないので、詰将棋のトレーニング
は重要です。長手数でなく、手数の短い3手か5手くらいの問題をすぐ解けるよう訓練するといいでしょう。
どうしても解けない場合、始めは答えを見て詰ます手筋を感覚で覚えるのもいいです。

序盤・中盤は大人になっても定跡本などを読めばすぐ身に付きますが、
終盤力は大人になると本で勉強してもなかなか強くなるものではありません。
子供の時に詰将棋をたくさん解いて、終盤の力を今のうちにつけておきましょうね016.gif

本田小百合
[PR]

by shogi-kodomo | 2009-12-06 13:30 | 午後クラス日記 | Comments(0)

11月29日スーパーセミナー

b0110038_11242678.jpg


  こんにちは。講師の横山です。

  今回はスーパーセミナーの大会ということでスクールの生徒同士で熱戦を広げて大変盛り上がりました。

 私は有段者のほうを中心に見ていましたが、将棋の内容も対局態度も素晴らしかったです。皆さん集中していてうかつに対局中の教室に入りにくいほどでした。
 スクールの毎回の授業でもこのような感じで行きたいですね。

 大会のように真剣勝負をすることは生徒皆さんの上達にとても必要なことです。上手く指せなかった人は何が悪かったかを考えましょう。上位に入れた人もこれに驕らずに今までどおりに勉強してください。


  横山 泰明

 058.gif11/29スーパーセミナー将棋大会結果058.gif
Aクラス 優勝 木村友亮二段  準優勝 前田隼人二段 3位 小城幸一初段
Bクラス 優勝 谷奥利久到1級 準優勝 井上拓1級   3位 山本翼1級
[PR]

by shogi-kodomo | 2009-12-02 13:58 | スーパーセミナー日記 | Comments(0)