目標をもって


こんにちは。スーパーセミナー講師の熊坂です。

本日は子供将棋大会があったせいか、少し人数が少ない感じがしました。
将棋は教室や道場で鍛錬し、大会等で良い成績を上げることが一つの目標です。
次回の教室で誰か、「先生達のおかげで優勝できたよ」という報告があれば素直に嬉しいし、
これまで熱心に指導したかいもあります。残念だった子も次への課題、目標を定めて頑張ってもらいたいと思います。
                                                  熊坂 学 
[PR]

by shogi-kodomo | 2010-02-28 23:29 | スーパーセミナー日記 | Comments(0)

2月21日スーパーセミナー


  こんにちは。スーパーセミナーの講師の横山です。

 そろそろ卒業の季節が近づいて来ました。あと少しの間ですがたくさん将棋を指してもらえればと思います。今回は以前休会してた子が久しぶりに来てたので将棋を続けていたのだなあ。と嬉しい気持ちになりました。

 講義ではチェスクロックの使い方を覚えてもらいました。大会に出ると使うときがあるのでそんなときに慌てないようにと思ったのですが使い方を知ってる子も結構いました。慣れておくと良いと思うのでまたやろうと思います。

 指導では入会したての頃は攻めてばかりだった生徒が今日はしっかり囲ってから攻めてきたのを見て、ずいぶん変わったなあと思いました。この調子で頑張ってほしいですね。


  横山 泰明
[PR]

by shogi-kodomo | 2010-02-24 19:42 | スーパーセミナー日記 | Comments(0)

2/17水曜教室&2/21午後クラス

b0110038_10595841.jpg

将棋は学力を鍛えるのに良いとよく言われますが、スクールに通っている
多くの生徒は中学受験を控えているようです。

以前とある小学校の校長先生から伺ったことがあるのですが、
将棋は学力に大事な①知識・技能②思考力③判断力④表現力
⑤課題能力⑥問題解決能力⑦学び方⑧学ぶ意識
これら8つのアプローチを刺激し、鍛えることができるそうです。
前はお父さん、おじいちゃんに将棋を教わったと言う子がほとんどでしたが、
最近は小学校のクラブ活動や児童館などがきっかけで覚えた子も多く
将棋を取り入れるところが増えていることを実感しています。

6年生はあと一ヶ月で卒業となります。毎年のことですが
長い時間成長を見てきた生徒達がいなくなってしまうのはやはり寂しいです…。
中学生になっても将棋を続けてくださいね!
その前に、今一度気を引き締めて今の級から1つでも
昇級・昇段を目指して頑張りましょう(^0^)/


伊藤 明日香
[PR]

by shogi-kodomo | 2010-02-23 04:09 | 午後クラス日記 | Comments(0)

詰将棋



子供スクール午後クラスでは、開始前に壁に2題の詰将棋を掲示します。
だいたい5手~9手位の問題ですが、子供たちにとってはそんなに簡単ではありません。
開始前や休憩時間には何人かが、「こうやって詰みそうなんだけどなー」と考えている姿を見かけます。

ある日、「あっ、そうか!」とかなりのスピードで2題とも解いてしまう少年を見かけました。
「▲・・・△・・・▲・・・△・・・で詰みですね。」と、目を輝かせて解答を聞かせてくれます。
それ以来彼が来ると、その日の詰将棋をどれくらいのスピードで解くことができるのかが楽しみになりました。
その彼が、この日勝てば初段で卒業の一局を迎えました。
詰将棋だけでなく、全体としてどれくらい強くなったのか、とても楽しみに対戦しました。

将棋は2枚落ちで、かなり難しい終盤戦になりました。
こちらの玉も危なくなりましたが、受けも利かない形なので下手の玉に必死をかけました。
上手の玉は、平凡に攻めると打ち歩詰めで逃れます。
打ち歩詰めというのは、歩を打って詰ましてはいけないというルールで、これが実戦に現れるというのはかなり珍しいことです。
詰みそうに見えてどうしても詰まないので、彼は長考となりました。
3~4分位たったでしょうか、彼は「アッ」と小さくつぶやき王手をかけてきました。
そして数手後に、金をただ捨てて歩に打ちかえるという、そのまま詰将棋となりそうな見事な手順を見せてくれました。
最初の王手から数えて、13手の詰将棋です。

最後の1手まで進めて「負けました。これを詰ますことができれば充分初段だ。おめでとう。」
彼は「ふ-」と大きく息を吐き、そして満面の笑みとなりました。
[PR]

by shogi-kodomo | 2010-02-16 09:15 | 午後クラス日記 | Comments(0)

2月14日 初心クラス☆

b0110038_10284987.jpg

こんにちは003.gif053.gif
今日も元気に沢山の子供たちが来てくれましたο(・∀≦*)
挨拶の時にみんなにクイズをしました。
『王手をしたときは”王手”っと言わなきゃいけないの?』と言う問題に半分以上の子が言わなければいけないと答えました。
正解は『王手と言わなくてもいい!!』ので、王手しても黙っていて怒られると言う事はありませんよ072.gif
将棋のルールなど難しいものもありますが、少しずつ覚えて行って下さいね♪♪

また、体験に来てくれた子の中に駒の文字が読めないという子もいました。
文字の形が違うとどの駒か分りませんよね(>⇔<●)
いろんな文字の形があると思いますが、少しずつ慣れていってください(*'V`艸)☆+
また、困ったときには講師や受付の人などに遠慮なく聞いてくださいね019.gif056.gif

同じ年齢の子と指せる環境があり、友達も作りやすいと思います。
将棋に興味のある方はまずは体験にお越しください!!
みんな楽しく講義を聞いたり、将棋を指したりしていますよ(*'ー')/

井道 千尋
[PR]

by shogi-kodomo | 2010-02-15 21:03 | 初心クラス日記 | Comments(0)

2月7日子供スクール午後

b0110038_10303220.jpg

こんにちは、講師の佐藤慎一です。

本日の高学年のクラスでは、毎回行っているクラスごとの講義を1度休止して、1時間30分ひたすら将棋を指しまくる!という風にやってみました。

高学年になると、落ち着きのない子やお喋りをする子が減り、やや長考の目立つ子が増えてきます。低学年なら一日平均5局くらい指せるところも、高学年となると3局、少ないときは2局で終わってしまう子もいます。

将棋を強くなる、という上ではとてもよいことなのですが、昇級する、ということに関しては局数が少ないと不利にならざるえません。

なので卒業を控えてる6年生もいっぱい指したいだろうということで対局中心としてみました。

結果はとてもよく、一人平均4~5局指せていて、中では7局くらい指している子もいましたね。

長い時間休憩なしで将棋を指し続けてくれたのは、高学年のみんなの集中力が付いているからなんだな、と実感できました。
[PR]

by shogi-kodomo | 2010-02-12 12:27 | 午後クラス日記 | Comments(0)

初心クラス日記

b0110038_10321720.jpg

皆さん、こんにちは。講師の近藤です。7日の授業で少し気になった事があり、もう少し、しっかりとルールを覚えて欲しいです。中には、両者反則に気付かずに指している対局もありました。
一人一人に教えているつもりですが、50人もいると講師陣が目が届かなかったりする場合があります。ルールをしっかり覚えるのは、上達の初めの第一歩です。頑張っていきましょう。

近藤正和
[PR]

by shogi-kodomo | 2010-02-10 16:25 | 初心クラス日記 | Comments(0)

2月7日スーパーセミナー

みなさん、お久しぶりです。半年以上来ていなかったので、初めて会う子も多かったかもしれないですね。
久しぶりに会って、みんなの成長ぶりには驚きました。昇級・昇段すると手合いが変わるのでなかなか慣れるまで大変だと思いますが、焦らず自分のペースで頑張っていきましょう。

私は前半の講義では級クラス担当だったのですが、難しい詰将棋も一生懸命考える姿が印象的でした。正解している子もかなり多かったですね。
後半の対局では一部の生徒がやや騒がしかったですね。周りに迷惑にならないよう気をつけましょう。

今月の21日のスーパーセミナーも講師として行きます。よろしくお願いいたします。
b0110038_10395517.jpg


貞升南
[PR]

by shogi-kodomo | 2010-02-08 10:01 | スーパーセミナー日記 | Comments(0)

1/31 初心クラス

b0110038_11165313.jpg

子供将棋スクールは入会の前に体験レッスンがあります。
この日は体験に8人もの子供達が来てくれました(^0^)/

なにをやるのかというと…
まず最初は14・15級クラスの講義に一緒に参加してもらい
教室の雰囲気に慣れてもらいます。
そして次は先生と9枚落ちで級認定対局が行なわれます。
ここでは飛車や角がうまく使えるかなど基本を見ているんですよ♪
(平手戦では全部の駒を活用&協力して指しましょうね!)
認定級を受けると生徒とも実戦対局をしてもらい、
勝敗や将棋の内容をふまえて最終的に「〇級になります」と
先生から対局を通して感じたことなど話します(^^)b
講義だったり指導対局だったりで1時間半はあっという間ですが、
頭をずっと使っているので子供達からは熱気を感じます(♯^ー^♯)

この日参加した子供達もみんなとても楽しそうに将棋を指していました(‐^∀^‐)
私もそうでしたが、たくさんの将棋仲間に出会えると刺激を受け励みになります!
「楽しみながら学ぶ」この教室で集中力や吸収力、向上心を
育ててもらえればと思います。
ルールを知っている子であれば体験レッスンを受けれますので
ご予約の上、お気軽にお越しください☆


伊藤 明日香
[PR]

by shogi-kodomo | 2010-02-05 04:09 | 初心クラス日記 | Comments(1)

1月31日午後クラス

b0110038_11181620.jpg

第5週という変則日程からか
いつもより少ない人数での授業となりましたが
熱局がたくさん見られました。
しかし、集中しすぎると忘れがちなのが
交互に指すということ。

どの時代にも、すぐ指してしまう癖のある子はいるもので
(僕もそうでしたが・・・)
相手が指した?瞬間に指すので
いつの間にかどちらの手番だかわからなくなってしまいます。

直感を大切にすることは、とても大事ですが
相手が駒から手を離すまでは
指さないよう心がけましょう。

講義は「歩の手筋」を勉強しました。
「継ぎ歩・垂れ歩」などは、知っているだけで
戦い方を優位に進められるので
しっかり復習して覚えておきましょう!

及川 拓馬
[PR]

by shogi-kodomo | 2010-02-03 23:38 | 午後クラス日記 | Comments(0)