6月27日 初心クラス

こんにちは(☆´∀`)/
梅雨の時期で、傘が必需品!!
また、ムシムシしていて暑いという季節ですね☆

子供スクールでも飲み物が講義や対局中以外にも飲めるようになりました。
みんなはしっかり水分補給して、将棋を楽しみましょう!!

本日は珍しく北海道から1日体験に来てくださった方がいらっしゃいまいた!!
その熱意はすごいなぁと思いました。
東京や近くに教室のある子は気がつきませんが、地方の子は将棋が強くなりたいと思うと結構距離などは気にせず、学びたいと思います。
私も石川県出身なので、その気持ちが分ります(●*V艸v)

東京や近くに教室がある子は、その環境に感謝してもっと将棋を楽しんでほしいです♪
スクールの子供たちの様子は正しく楽しいの一言!!
みんな仲がよく、講義のときの意見の言い合いは盛り上がりもよく、なかなか深い考えをしています。これが学校の授業でも活かされるのではないかと私は思います(○′
wd)+☆

次回のスクールは授業参観です(o*>ω<)o
子供たちの成長してる姿を是非見に来て挙げてくださいね☆


井道 千尋
[PR]

by shogi-kodomo | 2010-06-30 02:14 | 初心クラス日記 | Comments(0)

6月20日 初心の部

皆さんこんにちは講師の近藤です。
季節も移り変わり蒸し暑い時期となりました。
そこで夏期のみですが休憩中や対局と対局の間に水分補給をしても良いという事にしました。ただし、対局中はダメで、これは必ず誰かしらがこぼしてしまい駒や盤がぐちゃぐちゃになるからです。
生徒さん達にもきちんと伝え理解して頂きました。御父兄の皆様にもこれらの事を宜しくお願いもうしあげます。
[PR]

by shogi-kodomo | 2010-06-22 10:15 | 初心クラス日記 | Comments(0)

6月13日 初心クラス

この日は4名の生徒さんが10級に昇級しました。
10級昇級者なし、という日もあるので
講師としても、とても嬉しい日だったと思います。
昇級した生徒さん、おめでとうございます!!
次は卒業の初段を目標に頑張りましょう。

講義は14、15級を担当し内容は
駒の「成る、成らない」でした。
成る為には、相手の陣地に入らなければいけませんが
成らなくてもいいというルールは面白いですね。
これも将棋の奥深さの1つです。

暑くなってきました。
脱水症状を防ぐ為、こまめに水分補給するようにしましょう。
授業中でも対局中以外は水分補給できるようになりましたので
水筒など持ってくるといいと思います。

及川 拓馬
[PR]

by shogi-kodomo | 2010-06-18 11:55 | 初心クラス日記 | Comments(0)

6月16日 水曜教室

みなさん、こんにちは(☆´∀`)/
講師の井道千尋です!!

梅雨の時期になり、ジメジメしたり、ムシッと暑かったりと
冷房が欠かせない季節になってきましたね!

スクールでも飲み物が休憩以外でも飲めるようになりました!!
暑いので水分補給は大切('-^*)/

ただし、講義のときや対局中は飲まないでね☆
話を聞くときはしっかり聞いて、対局するときは集中すると
メリハリが出来ていいですよ(*>ω<)p〃

水曜教室は学校帰りの子が殆どなので
きっと疲れも溜まっていると思います。
そこを将棋を好きなパワーで遊び気分から
ちょっとだけ集中するモードに入りましょう!!

この少しの違いがきっとみんなを強くしてくれると思います(★′∀`)ノ

井道 千尋
[PR]

by shogi-kodomo | 2010-06-17 23:56 | 水曜教室日記 | Comments(0)

6月13日スーパーセミナー



 こんにちは。スーパーセミナーの講師の横山です。

 梅雨に入りなかなか外で遊べなくても将棋は室内でできるので関係ありません。私が小学校のときは梅雨の時期に将棋が流行したこともありました。

 さて六月に入り生徒も教室に慣れてきたようで始めは口数の少なかった子もわいわいと話すようになり講師としても嬉しい限りです。しかしそれと同時に礼儀やマナーが悪くなって来たのはとても残念なことです。駒を数えて片付ける。帰るときに「ありがとうございました」と言うなどは将棋に関係なく大切なことです。こういうことが出来てる子ほど将棋が強いです。次回はその点を多めに注意しようと思います。

  
  横山 泰明
[PR]

by shogi-kodomo | 2010-06-16 14:27 | スーパーセミナー日記 | Comments(0)

6月13日 午後クラス

今日の午後クラスでは、中級(3~4級)の講義担当となりました。

「寄せ」をテーマとした講義で、必至問題を3問と詰将棋を1問出題してみました。
必至問題はみんな短時間で解くことができましたが、最後に出題した9手詰の詰将棋はかなり時間がかかりました。

問題を将棋盤に並べて考えている生徒たちに対して、「できるだけ駒を動かさないで考えよう。」と声をかけてスタートします。
駒を動かさずに考えるというのは結構大切なことで、そうすると解くのは大変だけどそのぶん読みの力が身に付きます。
そうやってしばらく考えてみて、どうしても解けなければ初めて駒を動かしてみるというのが、このクラス(中級以上)では適しているように感じています。
この日の9手詰はかなりの難問だったらしく、しばらくして駒を動かし始めても誰一人として解けません。
そのうちに講義の終了時間となってしまい、9手詰の最初の4手のみ正解発表をして5手詰の形にして「さあどうだ、、、」。

その次の1手、9手詰の5手目がみんなの盲点になっていることは明らかでした。
5手詰の形を大盤に並べると、数秒後に「アッそうか!」と声が出ます。

なかなか解けなかった問題がパッとひらめいて解けるのは、梅雨空だった毎日が青空に変わるみたいでとても気持ちのいいものです。

小林 宏
[PR]

by shogi-kodomo | 2010-06-14 11:40 | 午後クラス日記 | Comments(0)

6月6日午後クラス

6月になり、もうすぐ憂鬱な梅雨の季節になりますね。
将棋は室内ゲームなので、雨で外に遊びにいけない日などは、家で詰め将棋などをやるのもいいと思います。
詰め将棋ですが、難しい(手数の長い)問題を無理に考える必要はありません。少し考えたら解けるくらいのレベルの問題を繰り返し解くというのがいいでしょう。


村中秀史
[PR]

by shogi-kodomo | 2010-06-12 20:46 | 午後クラス日記 | Comments(0)

6月13日 初心クラス

 皆さんこんにちは。講師の近藤です。
 6日の教室には約40名の子供さんか参加されました。皆、和気藹々に楽しんでいる様子で、それも上達の一つと思います。仲の良い友達が昇級すると、それに負けじと勉強をして遅れまいとする姿勢がさらなる棋力の向上に結びつくからです。
 我々講師陣も子供さん達を温かく見守り、とりあえずは10級に昇級出来る様色々と手助けをと思っていますので、これからも宜しくお願い致します。
[PR]

by shogi-kodomo | 2010-06-07 14:54 | 初心クラス日記 | Comments(0)

6月6日 初めてのスーパーセミナー



夏らしい天気が続きますね。
皆さん、こんにちは。藤倉です。
今回上野五段とスーパーセミナーを
やらせていただきました。

講義は上野五段は有段者担当でテーマは必至問題。
プリントを見ましたが、なかなか骨のある問題でした。
上級のみんなは解けましたか?
私は級位者担当で居飛車対振り飛車の戦い方の解説をしました。
専門的な話もあり難しかったでしょうか(苦笑)
話していると30分があっという間でした。

子供スクールを辞めてから早いもので2年が経ち、
多面指しは久しぶりだったのですが、子供たちの勢いのある指し回しに
感心し、スクール時代を思い出しながら五面指しを楽しみました。

将棋は強いのに勝てない子が何人かいましたが、その子たちに共通するのは
早指しであること。早見えはいいことですが、ある程度のレベルまで来るとなかなか
勝つのが大変になります。5秒でいいから考える習慣をつけると、今までより一歩踏み込んだ手順が読めるようになると思います。心当たりがある子はやってみて
下さいね。

個人的なことになりますが、秋からこども教室をはじめようと思っています。
将棋を通して、子供たちと接することの楽しさを改めて実感できた一日でした。
                                  藤倉勇樹
[PR]

by shogi-kodomo | 2010-06-07 10:00 | スーパーセミナー日記 | Comments(0)

5月30日子供スクール午後

こんにちは、講師の佐藤慎一です。

今日はスクール内でのマナー、飲食について書きたいと思います。

基本的に飲食は授業中や対局中は認めていませんが、暑さがひどい7月~9月頃には毎年飲み物は許可しています。

また休み時間空き時間に、教室外で飲み物を飲むのはいつでも許可してます。


問題なのは飲食の食のほうなのですが、普通は何か食べながら将棋を指すなどは論外なので認めていません。

ただし前回のスクール午後クラスではガムを噛んでいる子が多数いました。

注意するとすぐ捨てる子から、「なんでガムだめなの?」という子までいますが、先日のスクールで「駒箱の中の駒に混じってガムがすててあるという事件」が起こりました。

ガム食べてるだけでもいけませんが、さすがにこんなことが起こるとは・・・。

激怒するというより、悲しい気持ちになりました。

もちろんガム食べてたりするのは一部の子ですが、将棋に限らず、どんな教室でも習い事でもガム食べながら教わっていいことありませんから、厳重に注意していこうと思います。
[PR]

by shogi-kodomo | 2010-06-04 13:46 | 午後クラス日記 | Comments(0)