9月25日 初心クラス

暑かった夏も終わり、残暑も一息ついてようやく過ごしやすくなってきました。

夏の間は、教室の中で休憩中は飲み物を飲んでもよしとしていましたが、来月からは以前のように教室外で飲む形に戻したいと思います。
大勢の子供たちが居る教室内では、どうしても飲み物をこぼしたり置き忘れたりということが起こってしまいます。
保護者の方々にも、ご理解とご協力をお願いします。

今日は一日体験の子6名を含む40名越えとなり、初心クラスは大賑わいでした。
11~15級のクラスなので技術的にはまだまだですが、皆とても楽しそうに指しています。
駒をただで取られてしまったり(時には王将を取られてしまうこともあります)、びっくりの一手がたくさん出ますが、それはそれで勉強となるので微笑ましく見ています。
きちんとした姿勢で指して、くやしくても最後にちゃんと「負けました。」が言えれば必ずその子は強くなります。

今日来てくれた一日体験の子も、1年後くらいにはきっと見違えるくらいのしっかりした将棋(姿勢も含めて)になっていることと思います。

そういう成長を間近で見ることができるのが、スクール講師のもっとも大きな楽しみであるような気がしています。

小林 宏
[PR]

by shogi-kodomo | 2011-09-27 14:23 | 初心クラス日記 | Comments(0)

9月25日のスーパーセミナー

 スーパーセミナーの担当をしていると、子供達にも色々なタイプがいることが
分かってきて面白いものだと思いました。
 詰め将棋が好きな子やとにかく実戦がしたい子など様々ですが、
最近「バカ詰め」という遊びが流行しているようです。
 面白い遊びですがあまりやりすぎると感覚が変になっちゃうのでほどほどに(笑)。
 寒くなってきたので風邪などをひかないように注意してください。
                                
                                         佐々木


[PR]

by shogi-kodomo | 2011-09-25 20:03 | スーパーセミナー日記 | Comments(0)

9月25日午後クラス

本日は上級指導を担当しました072.gif

上級クラスになると、普段棋士が対局で使用する4・5階の畳の部屋で
将棋を指すことができます。
やはり畳の部屋で正座で将棋を指すと静かになるはずなのですが、
最近の低学年の部は精神年齢が低いようでとても騒がしいです002.gif

上級の子達になると本気で棋士を目指している子もたくさんいます。
強くなればなるほど、1局に集中して一生懸命考えなければ勝つことが難しくなってきます。
真剣に指している子の迷惑にならないように、静かにして下さいね。

高学年の部は対局中ムダ話しなく、集中して将棋を指していました。
勝ち負けはつきものですが、一生懸命指して次につながる内容を指して成長して
いきましょう003.gif

本田小百合
[PR]

by shogi-kodomo | 2011-09-25 14:15 | 午後クラス日記 | Comments(0)

9月18日スーパーセミナー


  こんばんは。スーパーセミナーの講師の横山です。

 まだまだ暑いですが少しずつ秋になりつつあるなと感じてます。

 講義では終盤の次の一手を出したのですが生徒も終盤はかなり強いので問題をしっかり作らないと生徒につっこまれてしまいます。変化手順を生徒たちと検討するのもとても面白いです。


 対局は皆さん非常に態度がよく素晴らしいと思います。駒をきちっと盤の升目にそろえたりするのは見ていても気持ちが良いものです。私も生徒のお手本になるよう努力していきたいと思います。


 横山 泰明


[PR]

by shogi-kodomo | 2011-09-22 22:39 | スーパーセミナー日記 | Comments(0)

9月21日 水曜教室

皆さん、こんにちは講師の六段近藤です。
9月21日の教室は台風15号が関東直撃となり、交通網が麻痺しましたが、14人の方が来館してくれました。
ただ、講師陣としましてもお子さんの安全を考え早めに教室を切り上げると共に保護者の方の送り迎えを見届ける様にしました事を御理解頂ければと思います。
[PR]

by shogi-kodomo | 2011-09-22 11:52 | 水曜教室日記 | Comments(0)

初心クラス日記

みなさんこんにちは、講師の近藤です。
9月18日は三連休の中日にもかかわらず、40人程の子供さんが来館してくれました。
初心の部は基本を覚える事を第一ととしております。ここでしっかりと基本が身に付けば、午後からの部に移動しても上達が早いでしょう。
尚、体験入学を希望される方は道場課の方へご予約してご来館下さい。よろしくお願い致します。
[PR]

by shogi-kodomo | 2011-09-20 14:33 | 初心クラス日記 | Comments(0)

9月18日午後クラス

こんにちは、講師の佐藤慎一です。

突然ですが(笑)最近思ったのですが、子供スクールに通ってくれている子には女の子もかなり多いと思います。全体の2割くらいが女の子でしょうか。

これは自分としては凄く嬉しいことで、自分が小学生のときは女の子で将棋をやっている子は周りでいなかったですね、それが当たり前だと思ってました(将棋って男のすることだから、みたいな感じでした)

女の子が多いのは、講師の女流の方々のおかげかと思います。
幼稚園~低学年の子達は、やっぱり女性の先生に優しく教えてもらうと安心感があるんですかね^^
それから高学年の子になると、女流の先生とお姉さん的な感じで女性同士で楽しく何かを話していたり。(たまにこっちを見ながらニヤニヤしてたり・・・笑)

やっぱり女の子が通ってくれる教室っていうのは、環境が一番大事ですよね。

あ、一番大事なのはスクールの男子生徒は皆紳士ですからね(笑)、女の子を泣かしたとかは一切ありませんし。(将棋を負かして泣かすのは仕方ない)又、男女関係なく仲良くしてくれるのも講師として非常に助かるというか、雰囲気が非常に良いですね^^

初段の免除を取得して卒業する・・・という女の子は少ないですが、今通っている子たちは素直で将棋を集中して指してくれますから、このままいけば数名は初段で卒業・・・となれると思います。

大袈裟に言えば、スクールに通ってくれている女の子達は将棋界の宝ですね(笑)


最後に級毎の将棋の勉強法と詰め将棋の目安を自分なりに書いてみます。

15級~12級 1手詰め (誰が相手でも)8枚落ち~9枚落ちの実戦
11級~8級  3手詰め 8枚落ちの実戦&同じくらいの人と平手の実戦
7級~5級   5手詰め 6枚落ちの実戦&同じか自分より強い人と平手の実戦(得意の戦法を持つこと、例えば棒銀だけでもOK)
4級~2級   7手詰め 4枚落ちの実戦&同じか自分より強い人と平手の実戦(相手の作戦によって自分の戦法を選べるくらい、3つくらい得意戦法を持つこと)
1級~初段   9手詰め~ 2枚落ちの実戦&同じか自分より強い人との平手実戦(絶対的な得意戦法を1つもつか、5つくらい得意戦法を持つこと)

大よその目安として書いてみました。
基本的に実戦が大事になりますが、自分より強い人と平手で戦うのは7級~くらいからがいいかと思います。それ以前ですと、負けた原因が全くわからなかったり、負け過ぎて嫌になってしまう可能性があると思いますので、8級までは基礎を固める意味を強く持つという感じですね。

自分より強い相手と指すというのは非常に大事で、例えば4級の子が1級の子に平手で毎日挑んでいたら、3ヶ月後には互角になっていると思います、4級の子が1級以上になっている可能性が高いということですね。ただし勝率は圧倒的に悪いので、本人の根性次第というスパルタ法になりますが^^;
道場に連日通って腕を磨く人は知らず知らずのうちにこういったことをやっているということですね。
詰め将棋も難しいのを解くのではなく、できる問題を(2,3分考えて解けるくらいの)楽しんでやっていけたらいいですね。

佐藤慎一
[PR]

by shogi-kodomo | 2011-09-19 13:06 | 午後クラス日記 | Comments(0)

9/11 初心クラス

何事もそうですが「勝つ」ことは嬉しいですね001.gif

将棋を始めたばかりの子はまだ「勝ちきる」ことが難しいので、
負けると泣いてしまったり機嫌を損ねたりしてしまう子も多いです007.gif
私も覚えたての頃は1勝20敗…なんていう成績もしょっちゅうで008.gif
とにかく勝つまでは指すゾ!と気持ちだけは前向きでした。
どう?スゴイでしょ(笑)

みんなも対局をしていて相手が指した手に「そんな手があったのか!」と
驚くことがあると思います。「負ける」ことは悔しいことですが
勝つヒントは将棋を指しながらも学べます!
だから「負け」も勝つためのステップアップと思ってほしいです006.gif
そう思っていれば結果はちゃんと出ますよ072.gif

【保護者の皆様へ】
1日体験の集合時間は9:45となります。
また振替のご連絡は金曜日までにご連絡くださいますよう、ご協力お願いいたします。

伊藤 明日香
[PR]

by shogi-kodomo | 2011-09-17 14:04 | 初心クラス日記 | Comments(0)

9月11日午後クラス

9月に入りましたが、日中はまだまだ暑い日が続きますね。ただ、夜は少しずつですが過ごしやすくなってきたようにも感じます。

この日の子供スクールも140人近くの生徒が元気よく集まってくれました。
将棋を指しているみんなの顔つきは、真剣な中にも目は輝いていて、とてもいい表情をしています。
授業時間は2時間ほどですがしっかりと集中できている子が多く、講師としても嬉しい限りです。

村中秀史
[PR]

by shogi-kodomo | 2011-09-16 11:33 | 午後クラス日記 | Comments(0)

9月7日 水曜教室

今日は、夏休みが終わって最初の水曜教室です。
40名を超える子供たちが集まりました。

久しぶりに会った子が多かったですが、楽しかった夏休みのことを聞かせてもらいました。
「お父さんにやっと勝てた!」と話してくれる子もいて、この夏着実に棋力上昇しているようです。

またこの日は、2年生の子が初段になりました。
2年生での初段昇段というのはかなり早く、自分が講師を担当してから初めてかもしれません。
彼は集中力があり、最近は対局態度がとても良いと講師間でも評判でした。

対局態度というのは、強くなるためにはとても大切な要素になります。
なぜなら、対局態度=集中力だからです。

いつもみんなに言っているけど、強くなるためには姿勢を良くしておしゃべりをしないで指すということがとても大切なんですね。

彼がこれからどれくらい強くなるのか、とても楽しみにしています。

小林 宏
[PR]

by shogi-kodomo | 2011-09-09 21:19 | 水曜教室日記 | Comments(0)