1月26日初心クラス

この日の「1日体験入学」は3名の参加がありました。
ただ、残念なことに風邪による体調不良で欠席した子もいました。インフルエンザが流行のピークを迎えているとか…。みなさまも健康管理にお気をつけください。

子供スクールの体験入学では、おもに①講師による大盤での講義②講師との指導対局③生徒との実戦対局、がメニューとなっています。

①では、初心者でも心配のないルール(駒の動かし方)の確認。
②では、対局の流れ、マナーなどの指導。
③では、実際の対局。

といった形で進んでいきます

将棋のルールさえ覚えていれば、小学6年生以下であれば申込み体験できます。
講師一同お待ちしております。

村中秀史
[PR]

by shogi-kodomo | 2014-01-31 23:44 | 初心クラス日記 | Comments(0)

1/15 水曜教室

昨年末15級で入会した子が着々と進級しています。
初めのころは駒を進めるだけだったのが、今では作戦を考えて指せるようになりました。
現在13級!将棋の楽しさに目覚めたようで勢いはまだまだ止まらないでしょう♪

上級になるにつれて、昇級規定が厳しくなり苦労している子もいますが
将棋を指してみると着実に力をつけているのがわかります。
焦らず、諦めず、一局一局大切に指しましょう。結果はついてきますよ!

本教室では無料体験レッスンを行っています。
お家で指したことがある、学校で友達に教えてもらったなど
ルールは知っているけどどう指せばいいの?という子にぜひ受けてもらいたいです。
将棋を通して攻め・守りの基本から、考える力、決断する力などを学んでください。

お問い合わせは将棋会館道場へお願いいたします。


伊藤 明日香
[PR]

by shogi-kodomo | 2014-01-30 02:52 | 水曜教室日記 | Comments(0)

1月26日 午後クラス

早いもので、1月最後の子供スクールとなりました。

1月末は毎年、千駄ヶ谷の駅近辺がとても混雑しています。
駅前の東京体育館では何かスポーツ大会が開催され、国立競技場でも「新宿シティハーフマラソン」がおこなわれた一日でした。
このハーフマラソンは10年くらい前に出場したことがあり、国立競技場がスタートでゴールなので、とても気持ちよく走り切った記憶があります。
将棋ファンの方が、はじめて将棋会館で将棋を指すのと似ているかもしれませんね。
天気がよく気持ちのいい朝なので、そんなことを思い出しながら将棋会館までゆっくりと歩きました。

今の時期は初心クラスは少なめですが、午後クラスは初心クラスから上がってきた生徒を含めてかなりの人数となっています。
人数が多くなるとどうしても騒がしくなりがちなので、特に低学年クラスでは対局姿勢を注意することが多くなります。
騒がしかった生徒が静かに集中して指せるようになってくると、それに比例して棋力が伸びるケースがほとんどなので、対局姿勢というのは重要だと感じています。

今日は高学年クラスの5年生が、見事に初段になりました。
彼は4年生の時に13級か14級で入会しており、驚きのスピードです。
初段となった一局は僕が二枚落で対戦しましたが、集中力と、苦しくなってもあきらめないという強い意志を感じました。
もちろん、対局姿勢も完璧でした。
この日で子供スクールは卒業ですが、これからが楽しみです。

子供というのは、短期間で信じられないくらい強くなることが可能なんです。
大人になると、そういうことはなくなるのでうらやましい限りです。(笑)

小林 宏
b0110038_16175710.jpg

[PR]

by shogi-kodomo | 2014-01-28 23:25 | 午後クラス日記 | Comments(0)

1月26日 駒桜子供スクール

こんにちは。駒桜子供スクール、第2、4週担当の上野です。

今日は、午前の部で「囲いの講座」を行ないました。
ある程度強くなった子でも、意外と囲いを知らないケースがあるのです。
囲いを知ることで、玉が安全になり、勝率がぐっと上がります。

今回は簡単に、

居飛車の戦い  カニ囲い、矢倉
居飛車対振り飛車の戦い 舟囲い、美濃囲い

の4つを解説。
その後の生徒同士の対局では、
お互いに「四間飛車+美濃囲い」という将棋もありました。
常に、どんな囲いを作るかを考えて指して欲しいなと思います。

そういえば、私自身はいつ頃囲いを意識したのだろう…と記憶をさかのぼると、
はっきりと覚えているのは「二枚落ちで教えてもらったカニ囲い」でした。
今考えても、手数がかからずに素早く囲えるカニ囲いは優秀です。

さて、次回の講座は何をしようかな。
[PR]

by shogi-kodomo | 2014-01-26 23:01 | 子供将棋スクール・横浜 | Comments(0)

1月19日午後日記

寒い日が続いていますが、生徒の子供達は元気いっぱい。将棋会館内は暖房が入っているとはいえ、半袖Tシャツ姿で対局をしている子もいました。

1月は新年のスタート。それぞれにいろいろな目標を立てたかと思いますが、将棋については楽しみながら強くなっていってほしいと思います。より多くの将棋の魅力を伝えられるよう頑張っていきたいと考えています。

村中秀史
b0110038_16184758.jpg

[PR]

by shogi-kodomo | 2014-01-24 11:39 | 午後クラス日記 | Comments(0)

1月19日 初心クラス

こんにちは!
新学期もスタートしてみんなお休みモードからは脱出した様子ですね001.gif

さて、今回は無料体験に6名の方がいらして下さいました。
最近無料体験が増えてきています!!
駒の動かし方が分っていれば気軽に参加できますので、同じ年齢の生徒たちと一緒に将棋を他の真に来て頂けたら嬉しいです。(事前予約必要

初めて授業を体験する生徒は学校の授業のように手を挙げて発表!!053.gif
プリントを一緒に考えるといった感じで直ぐに馴染んでいました(*o´∪`)o

将棋を指すのは勝ち負けも大切ですが、挨拶をしっかりすることも忘れずに003.gif
振駒、反則(二歩など・・・)などのルールも少しずつ覚えていきましょう!

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

井道千尋
b0110038_16161287.jpg

[PR]

by shogi-kodomo | 2014-01-24 11:28 | 初心クラス日記 | Comments(1)

1月12日 午後クラス

新年初めてのスクールでした。
暖かい雰囲気のスクールを目指して頑張ります。
今年も宜しくお願い致します。

高学年のクラスで昇段の一番がありました。
少し緊張気味でしたが、しっかりと読みが入った指し手が続きます。
あと一歩のところまでいきましたが結果は引き分けでした。
そして指し直し局。
こんどはうまく攻めを繋ぎ一手勝ち。
見事昇段となりました。
考えた時に特に良い手を連発できる力があるので
中盤が得意な棋風だと思います。
スクールは卒業になりますが、これからも頑張ってくださいね。

講義は詰将棋をやりました。
低学年、高学年ともみんな集中して取り組んでいたので
いつもより長めの講義時間でしたが
その分読む力が付いたと思います。

及川 拓馬
[PR]

by shogi-kodomo | 2014-01-19 15:26 | 午後クラス日記 | Comments(0)

第3週の指導内容

第3週ですが、講師の竹部と高群先生は新年初の駒桜横浜スクールです001.gif
気持ちもフレッシュに!ということでみっちり基礎を中心に行いました。
今日は姿勢も大事053.gifですよってことで、椅子の上でガタガタしたりするのを積極的にお声掛けしました。
ほらっ!ちょっと棋力上がったね☆
来週は小学生名人戦の神奈川予選に出るお子さんもいるので、全力を出しきれるよう、影ながら応援してます。
ガンバレーp(^-^)q

竹部さゆり
[PR]

by shogi-kodomo | 2014-01-19 13:28 | Comments(0)

1月12日 初心クラス

今日は、今年初めてのBコースでした。
5日のAコースはお正月休みでかなり少ない人数でしたが、この日は大勢の生徒が新年最初の子供スクールに集まってくれました。

午前中の初心クラスは、一日体験を含めて30名近くになり活気がありました。

入会してからなかなか勝てない子もいますが、最初のころはあまり勝敗は気にしないで楽しくたくさん指してもらえればと思っています。
まずは二歩などの反則手をなくして、一局の将棋を指しきることから始めてください。
将棋を覚えたてのころは、反則手を指さないということはかなり難しいものです。

それができたら、次は駒をただで取られないという目標で指してください。
初心クラスでは、あちらこちらで飛車や角をただで取られている光景が見られます。(笑)
駒をただで取られることがなくなったら、自然に初心クラスの卒業が近くなってくるはずです。

今年もたくさん将棋を指して、みんなで強くなっていければと思っています。

1月6日に将棋会館で新年恒例の指し初め式があり、スクール生6名が参加しました。
一人一手だけですが、渡辺王将らトッププロと向かい合って将棋を指す、素晴らしい指し初めだったと思います。
みんなきちんと正座をして、とても良い姿勢で自分の一手を指すことができました。

今年の子供スクールも、一年間良い姿勢で頑張りましょう。

小林 宏
b0110038_17134946.jpg

[PR]

by shogi-kodomo | 2014-01-14 21:52 | 初心クラス日記 | Comments(0)

1月8日水曜教室

この日は新年明けまして最初の水曜スクールでした。
クリスマス~お正月と、子供たちにはたくさん思い出になることがあったようで、みんな顔が生き生きとしていました。

授業が始まる前の最初の挨拶で、「みんな、相手を思いやるように」というようなことを話しました。
子供たちの将棋で一番多い問題が、対局中に「手が離れた、離れてない」(待ったしたかしてないか)などで口論したり、対局後に駒を片付けないでさっさと席を立ってしまったりすることです。
このようなことはその場その場で注意していますが、「手離れを良くしなさい」「最後の挨拶まで二人でしっかりやりなさい」としつけるように言うより、根本的に「相手を思いやる心」を持てばなくなることだと思っています。
手離れの悪さなども、自分がやられたら嫌なことは人にしないという気持ちがあれば解決しますし、片付けも一緒です。
何より将棋が強くなるには「相手の立場になって考える」ことが大事ですので、日頃からそういった考え方が身に付けば棋力向上に大きく作用します。自分のことしか考えないでいると思いつく手も少ないですが、相手のことを考えて読むとたくさんの手が思いつくものです。

スクールには多くの子供が来てくれていて、本当にしっかり相手を思いやる子がいます。逆にまだ自分本意だけで、周りの子に迷惑かけたり相手に嫌な思いをさせたりしてしまう子もいます。
誰かに注意されるのではなく、相手や周りの友達からそういった思いやりの心などに自分で気づいて吸収して成長してくれることを願っています。
子供たちには将棋を通じて是非「相手を思いやる」ことを学んで欲しいと思っています。

佐藤慎一
[PR]

by shogi-kodomo | 2014-01-09 15:33 | 水曜教室日記 | Comments(0)