5月22日 横浜校

横浜校の野田澤です。

授業が始まるまでに解いてもらおうと大盤に並べて置く詰将棋ですが、今回はちょっと面白い形をした問題を出してみました。

答えを知ってしまえば、とても詰将棋の基本形な問題。
最初、盤上には2枚しか駒がないシンプルな形なのに、持ち駒4枚で詰んでしまう問題。

実戦ももちろん奥深いですが、詰将棋も奥深いですね。


野田澤 彩乃
[PR]

by shogi-kodomo | 2014-06-26 14:44 | 子供将棋スクール・横浜 | Comments(0)

6/22 午後の部

皆さんこんにちは、講師の近藤です。
まずは次回の7月6日と13日が授業参観日になっていますので御父兄の皆様には是非来館して頂き、
子供さんの成長を御覧になってほしいと思います。
今なかなか勝ち星が続かず「壁にあたっている様です」という声をよく聞きます。低・高学年共5級~8級ぐらいの方に多いのですが、それはこの辺りが一番将棋の内容を変えなければならない転換期にあるからで、戦法の定跡、攻め、受けの手筋、囲いを色々知る、詰む・詰まないかをきちんと読み切れる等が重要となります。
当日は講師陣も4人役割分担をしながら、皆様の御質問にも答えてまいりますので、何かありましたらどんどん聞いて頂けたらと思います。
どうぞ宜しくお願い致します。
b0110038_14502980.jpg

[PR]

by shogi-kodomo | 2014-06-23 14:32 | Comments(0)

6月15日 午後クラス

こんにちは。本日の午後クラスも多くの生徒さんたちが元気よく来てくれました。
午前中にワールドカップの試合を見てきたと話してくれる子や、小学生の団体戦に参加してからきたという子もいました。

講義の担当は詰め将棋で、3.5.7手詰みを主にたくさん解いてもらいました。玉を詰ますのはとても楽しいみたいで、いつも盛り上がります。実戦で玉を詰ませられるともっと嬉しいですよね。
指導は6枚落ちと8枚落ちを中心にやりますが、とても定跡を勉強されていて、簡単に負かされることも多いです。ただ終盤のあと1歩のところでミスがあったりするので、その辺が課題かと思います。寄せるときは、パッと指すのではなく、考えてから指すようにするとミスが減ります。

低学年クラスも高学年クラスも見回りをしていると、駒が乱れていたり、指そうとして手を戻したり
していることがあります。これはあまりよくないことですので、気をつけてほしいと思います。
対局は、静かに集中してやっています。

7月は授業参観日があります。是非お待ちしております。

渡辺 大夢
[PR]

by shogi-kodomo | 2014-06-16 22:38 | 午後クラス日記 | Comments(0)

6月8日初心クラス

夏を思わせる暑さの晴天と思ったら、突然の雷雨があったりと変わりやすい天気の日が続いていますね。子供スクールでも傘の忘れ物が増える時期です。各自で十分に気をつけてください。(他の人の傘を間違って持っていかないように!)

さて、最近の初心クラスは新入会員が増えてまた一段と活気が出てきました。
対局の時間では、講師が随時見回って生徒同士の対局の指導もしているのですが、その中では2歩などの反則も多く見かけます。やはり初心クラス、覚えたてでもあるので、どうしても意図しない反則は出てしまいます。1局を反則なく完璧に指すのは、思っているよりはるかに難しい事ですが、それを予防するには「なるべく1手ごとに盤面全体を見てから指す」習慣(癖)をつけるのがいいと思います。どうしても駒がぶつかったりするとそこばかり見て考えてしまいがちです。盤面は9×9、落ち着いて見る時間的余裕も十分にありますので「盤面全体を見てから指す」を意識して取り組んでみてください。

村中秀史
b0110038_15575817.jpg

[PR]

by shogi-kodomo | 2014-06-14 11:07 | 初心クラス日記 | Comments(0)

6月8日 午後クラス

関東地方も梅雨に入りました。
この日も3日目の雨だったので
人数が少ないかなぁと思ったのですが
意外や意外、今期最多の出席者となりました。
ありがとうございます。

スクールとは別ですが
連盟道場のお客様が増えたり
棋士がメディアに出演する機会が増えたりと
再び将棋ブームが来る予感がしますね。

この日の担当はみっちり指導対局でした。
不思議なことに将棋はその日によって
指し手の調子が変わるので
毎回同じ実力を発揮することはできないもの。
更に駒落ちの定跡を忘れてしまっていると
講師に勝つのは容易ではありません。

でも実は駒落ち定跡は勝つための手順ではなく
相手のこの駒がいないと、どこが弱点になるかを
理解するもんなんです。
なので、しっかりした手順は覚えられなくても
6枚落ちや4枚落ちなら端が急所や
2枚落ちなら左銀を遊ばせるなど
コツとして覚えておくだけでも
指し方の指針になると思います。

覚えるよりも理解する。
何事もこれが重要になりますね!

及川 拓馬
[PR]

by shogi-kodomo | 2014-06-10 19:09 | 午後クラス日記 | Comments(0)

6月8日 横浜・子供スクール

こんにちは。横浜・子供スクール担当の上野です。

6枚落ち~10枚落ちで大切なことの一つに、

「作った成駒を活用する」

があります。
(これ、前にも書いたと思います)
みんな、大体端を突破することになれてきました。
差がつくのはここからです。
竜は大体上手く使えるので、
問題は「と金」と「成香」です。
この二つを上手の玉に向かって真っすぐに進ませる。
これができる子は10枚落ちから8枚落ち、
そして6枚落ちにレベルアップしていきます。

今日の講座、午前の部は「と金と竜の活用法」、
午後の部はプロの将棋の実戦を並べました。
今日の将棋は渋い好手が多く、こうした手を見るだけでも上達に役立ちますよ。
[PR]

by shogi-kodomo | 2014-06-08 22:28 | 子供将棋スクール・横浜 | Comments(0)

6/1 午後クラス

6月になりました。
暑いですね~。みなさんちゃんと水分補給してますか?

最近負けると泣く子をちらほら見かけます。
将棋を覚えたての頃はまだどの駒を動かしてよいのかわからず、
とにかく勝つことが嬉しくて、運良く勝てると「やったー」と喜び、
負けても落ち込むことなく元気よく「負けましたー」と報告しに来てくれます。

次第に棋力が上がり、自分なりに作戦を立て、読み、戦うことができるようになると
勝敗を気にするようになります。
この時期、負けが悲しく悔しい感情が芽生え涙があふれてしまう子がいます。
涙することは決して悪いことではありません。
悔しさをバネに次こそ勝とうと強い気持ちを育む成長過程だと思います。
ただ「負け→泣く」のクセがつくことはよくありません。

負けが込んでいる生徒自身からも相談を受けることがあります。
昇級規定をみればわかりますが
(○×○×○×)と勝ち負けが交互に来ても一向に昇級できません。
(×××○○○)と波の大きいタイプのほうがたとえ負け続けても後に連勝できるほうが昇級しやすいのです。
だから落ち込むことはありません。
負け続けたときは、なぜ負けてしまったか反省し、自分の弱点はなにか考えてみましょう。
そうして克服していくうちに成績にも変化が出てくるはずです。
泣いてる時間なんてありませんよ!
先生もみんなと一緒に悩み、昇級できたら一緒に喜びたいです。

伊藤 明日香
b0110038_1612359.jpg

[PR]

by shogi-kodomo | 2014-06-05 07:41 | 午後クラス日記 | Comments(0)

6月1日 初心クラス

こんにちは。6月に入り、だんだん暑い日が続くようになってきました。この日も水筒などを持って、元気よくスクールに来てくれた生徒さんが多かったです。体調管理には気をつけて頑張って下さい。

講義は14、15級を担当しました。1手詰みをやりましたが、とても早く解いていました。詰め将棋は、将棋の上達法の一つですので、毎日一問でも解くと棋力アップ間違いなしです!
対局はとても集中していてよかったです。見回りをしていると、2歩などの反則がありました。これは仕方がないことですが、徐々に減ってくるといいですね。また分からないことがあれば、先生方に聞いてください。昇級を楽しみにしています。 

渡辺 大夢
b0110038_1641850.jpg

[PR]

by shogi-kodomo | 2014-06-02 22:36 | 初心クラス日記 | Comments(0)

5月25日 午後クラス

この日の午後の指導は上級担当でした。
低学年は人数が多くなかったので2階の
教室で行いました。
少し余裕があったのでみんなの将棋を見学して
いましたが、矢倉と棒銀が多いですね。
私が小学生の頃も同じ戦型が多かったので
いつの時代も基本の戦法なのかもしれません。

高学年の上級は5階の和室で行いました。
始まる前の休憩中はざわざわしていましたが
対局が始まってからは授業の終わりまで
ピリッとした空気が続きました。
そして一人一人が将棋に夢中になっている顔を
していたので良い時間帯だったと思います。
上級までくると既にわかっていることですが
将棋は真剣に指してはじめて面白いと感じるんですよね。
今後もこのような教室にしていきたいです。

及川 拓馬
[PR]

by shogi-kodomo | 2014-06-01 10:20 | 午後クラス日記 | Comments(0)

5/21 水曜教室

久しぶりに水曜教室を担当しました。
前回時はまだ相手の駒の働きに注意が向かず
駒をただで取られてしまう子も見受けられましたが
2ヶ月も経たないうちに「逃げる・守る・取る」が
ちゃんとできるよになり、昇級もしていました。
子供たちの吸収力、成長の早さを改めて実感。
今後も楽しみです☆

そしてこの日は昇段者が2名も出ました!
対局態度も良く、内容も素晴らしい。
文句なしの昇段でした。おめでとう\(^o^)/

伊藤 明日香
[PR]

by shogi-kodomo | 2014-06-01 07:59 | 水曜教室日記 | Comments(0)