4月26日子供スクール・春の大会

4月26日の子供スクールでは春のAB合同大会として3人一組のチーム戦を行いました。
一日での参加人数は200名程となり、大盛況で行うことができました。

3人一組のチームは基本的に級に偏りがないように受付でチームを作り、チームで2勝を上げた方の勝ちとして最後まで勝ち続けたチームを優勝、準優勝としました。またチームの勝利以外でも個人で全勝者には優秀賞を表彰し、対局姿勢がとても良かった子にも敢闘賞を用意しました。

大事なのは自分の対局にしっかり集中して将棋を指し、終わったらチームの仲間の将棋を観戦、応援するということです。いくら自分が勝ち続けても、仲間が対局中に騒いだり助言したりしてはいけません。その辺りのことを説明して大会スタートとなりました。

・1部
18チームに分かれて対局しました。チームを読み上げてからも騒がしく、なかなか対局に進めない、対局中も他の子とお喋りしてる、横ばかり見ているという子もいました。低学年なので仕方のない部分もありますが、自分の対局はともかく、周りにまで迷惑かけるようではいけませんね。

表彰式の途中で前に座っている子と喧嘩している子もいましたね。講師が仲裁に入って仲直りさせようにも全く聞きません。講師が「席を移動しようか」というとその子は「なんで僕が移動しなきゃならないの!」と、頑なに拒否でした。
個人的にはこういう頑固だったり曲げないところは見所があると思います。ですがそれが喧嘩や他愛もない揉め事では意味がありません。こういうパワーを、将棋を指してるときの「絶対勝つぞ」という気持ちに代えてくれるようになって欲しいし、そう指導していかなくてはいけません。そうなってくれれば飛躍的に将棋の棋力も伸びると思っています。

・2部
3、5年年生で22チーム参加でした。午前中とはさすがに違うという感じで、説明や対局を滞りなく行えました。考える子が多く1局の時間も長くなりがちなので3局迄となりました。
5年生が威張ったり、上級者が威張ったりという様なことがなくていいですね。みんなでちゃんと結果を言いに来てくれますし、味方の将棋が終わるまで観戦して一緒に手を読んでいる子も多く見られました。

・3部
4、6年生で24チームとなり、場所は5階の和室も使用しました。
人数がばらけたぶん、更に集中して指せていたのではないかと思います。特に5階で指していた子たちはとても静かに集中してましたね。やはり6年生がリーダーとしてチームを引っ張ると違うなと感じました。

総括
優勝、準優勝チームは自分の将棋に集中して指して、仲間の勝敗に一喜一憂して勝ち続けたチームでした。
個人大会では賞を貰ったことがなかった子も、初めて賞をもらえた子もいると思います。個人が2勝1敗でもチームが3連勝すれば良いですし、それで立派にチームに貢献してますからね。
表彰式ではメダル、賞状、それから糸谷竜王の直筆色紙と渡しました。糸谷竜王の直筆色紙は滅多に貰えないものですから、優勝チームの子達には是非宝物にして欲しいですね。

参加してくれた子供達をはじめ、ご来館頂いた保護者の方々ありがとうございました。
またスクール宛に色紙を書いてくれた糸谷竜王、時間が合えば今度は是非スクールで特別講演して頂きたいですね(笑)

佐藤慎一
b0110038_14255181.jpg

b0110038_1426368.jpg

b0110038_1426168.jpg

b0110038_14263668.jpg

[PR]

by shogi-kodomo | 2015-04-27 14:02 | 初心クラス日記 | Comments(0)

4月12日 横浜校

新年度になり、初めての教室。
みなさん1つ学年があがり、新しい気持ちで学校に登校していると思うのですが、将棋教室も心新たに頑張りましょう。

今日は、午前中の教室に新入会の子もいましたし、見学の子も数人来てくださり午前中はとても賑やかでした。
午後の教室も、みんなの棋力が上がってきたので、指導対局が終わった頃には疲労感も。
でも嬉しい疲労感ですね。
授業時間いっぱい、すごい集中して指す子も多いので、一年後にまたどうなっているのか楽しみです。

(野田澤彩乃)
[PR]

by shogi-kodomo | 2015-04-13 21:53 | 子供将棋スクール・横浜 | Comments(0)

4月12日 午後クラス

新年度が始まりました。
学年も一つ上がり、新たな気持ちでスタートですね。
スクールで一番変わるのは新4年生です。
今までの低学年のクラスとは変わり
5、6年生がいる高学年クラスになります。
少しずつ落ち着いた雰囲気に慣れていきましょう。

対局は中・上級を担当しました。
指導対局では厳しい指し手がビシビシ飛んできて
日頃勉強してるのが伝わってきました。
またすぐに指せるのは閃きがある証拠なので
大事にしてほしいと思います。
あとは急所の局面で考えられる力とのバランスですね。

次回のスクールはA・B合同の春の大会になります。
今回から賞状なども作りましたので
時間に余裕がありましたら、ぜひ参加してください!

及川 拓馬
[PR]

by shogi-kodomo | 2015-04-13 15:56 | 午後クラス日記 | Comments(0)

4月12日 初心クラス

こんにちは。講師の渡辺大夢です。ここのところ雨が降ったり、はっきりしない天気が続きますね。
傘など忘れ物のないようにしてほしいと思います。

この日の体験には5名。ご来館ありがとうございました。将棋を覚えてまだ1年もたっていない子。
他の教室や道場で認定を受けてから来た子と様々でした。体験では講義を見てもらった後に、講師と対戦
をし、だいたいの級を判断しています。詰ますまではなかなか大変のようでしたが、飛車や角を成って攻める
ことができているので感心しました。

その後は主に見回りをしました。2歩の反則、王手を気がつかないこともあります。初心クラスでは、講師が
見回りで気がつくと、元に戻してやり直しをさせることもあります。1局1局勉強ですので、思い切った将棋を
指してほしいと思います。

4月26日はスクールの大会です。是非ご参加ください。
b0110038_16584153.jpg

[PR]

by shogi-kodomo | 2015-04-13 13:04 | 初心クラス日記 | Comments(0)

4月5日 午後クラス

皆さんこんにちは。講師の渡辺大夢です。日記を書くのは久々かもしれません。
この日は新年度に入って初の子供スクール。新しい講師の先生にも来て頂いての授業でした。
また新たな気持ちで頑張ってください。

やや人数は新年度ということもあり少なめでしたが、講義の時間帯には質問に元気よく答えてくれたり、
対局も集中してやっている姿が印象に残った1日でした。また指導をやっていて思うのですが、序盤は完璧に指せる子が非常に多いですが、終盤の寄せが課題のようです。王様を上に逃がすのではなく、王は下段に落とすように寄せるというのを心がけてください。
高学年クラスで本日初段に昇段した子がいました。おめでとう!とても強くなっていて嬉しかったです。

Aコースの次のスクールは26日の合同将棋大会になります。お間違いのないようにお願い致します。
時間帯は以下の通りです。幼稚園、1年生から2年生は10時~11時45分。3年生と5年生は12時45分~14時30分。4年生と6年生は15時~16時45分です。よろしくお願い致します。
b0110038_16193970.jpg

[PR]

by shogi-kodomo | 2015-04-06 14:00 | 午後クラス日記 | Comments(0)

4月5日 午前クラス

 新年度最初のスクール。この日は将棋フォーカスの

 取材カメラが入りました。ご協力頂いた方、ありがとうございます。

 テレビに映るかもと喜んでいる子もいましたが

 みんないつも通り元気にやってくれて良かったと思います。

 新年度でやや人数が少なくなっていますが、体験に来てくれた子も多く

 また賑やかになると思います。

Aコースの子供達は次回は26日の団体戦。

 大会形式なので、1つでも上を目指してもらいたいと思います。
 
 大平武洋
 
[PR]

by shogi-kodomo | 2015-04-06 02:04 | 初心クラス日記 | Comments(0)

4月1日水曜教室

 新年度初の水曜教室でした。

 少数精鋭で、初段になりそうな子もちらほら。

 今日は休みですが、普段は学校帰りでの教室なので

 大変ですが、頑張ってもらいたいと思います。

 大平武洋
[PR]

by shogi-kodomo | 2015-04-01 20:06 | 水曜教室日記 | Comments(0)

3月29日午後クラス

 今年度最後の子供スクール。6年生は卒業の日です。

 最後に昇級した子もいますし、昇級できなくてもみんな楽しく指していました。

 中学生になると忙しくなると思いますが、卒業生が1人でも多く将棋を続けて

 楽しんでくれると嬉しいです。

 大平武洋
b0110038_16165793.jpg

[PR]

by shogi-kodomo | 2015-04-01 20:02 | 午後クラス日記 | Comments(0)

3月29日初心クラス

こんにちは、講師の佐藤慎一です。

今回は講義について書きたいと思います。
講義は各級毎に、難易度を設定して毎回異なったプリントを使って行っています。初心クラスでは現在「将棋入門ドリル」から使っていますが、午後クラスからは講師の手作りによるものです。

プリントにある問題から、様々な類型を出題したり、答えの1手だけでなく考え方や覚え方をわかりやすく伝えれるように講義しています。
講義中には手を挙げて発言してくれる子と、遠目から見ている子に分かれてしまいがちですが、なるべく皆に発言をして欲しいと思っています。
失敗を怖がらず、是非手を挙げて答えて欲しいと思います。
[PR]

by shogi-kodomo | 2015-04-01 11:44 | 初心クラス日記 | Comments(0)