2月28日 午後クラス

 いつもよりちょっと早いA級順位戦最終日の翌日、
気温も上がって、春の陽気でした。
眠そうな人もちらほら?寝不足の子もいたかもね。
 6年生は卒業まじか、有終の美を飾ってほしいです。
 ラストスパートで努力すれば、あと1つ進級もまだ
間に合うかもね。がんばれ!

 今日の私の講義は初級で、「玉の囲い方のお話」 
カニ囲いも美濃囲いも、発展の型を知ってたね、OKです。
ついでに言うと、将棋の強い人は決して囲いをおろそかにしません。
 なぜだろう?その秘密がとけたら棋力もアップしますよ!
 
そしてもう一つ
 講師を長い間務めてくれた本田先生が今日を最後にスクールから
離れます。長い間ありがとうございました。 
でもまっ、また遊びに来てくれると思うので、その時は挨拶しようね(^^)v


 富岡英作
[PR]

by shogi-kodomo | 2016-02-28 21:36 | Comments(0)

2月28日 午前・午後クラス

講師の中村です。
卒業の季節が近づいてきましたね。
6年生の生徒さんにとっては、通ったスクールを離れる寂しさもあると思いますが、中学生になっても将棋を通じて、新たな友達の輪を広げてもらえればと思います。

最近、大盤解説の時に、よく手が上がるようになってきて、講師としても嬉しいです。
間違えても全く恥ずかしいことではないので、自分の良いと思った手を言ってほしいです。

また棋力に差があっても、対戦相手を認めること、講師の上野五段のお話にもありましたが、大切なことですね。ぜひ、良い意味で競い合い、成長してもらえたらと願っています。

来月はスクール内での大会もあります。ぜひ頑張りましょう!
[PR]

by shogi-kodomo | 2016-02-28 20:31 | 子供将棋スクール・横浜 | Comments(0)

2月21日 午後クラス

インフルエンザが猛威をふるっているようです。
体調管理に気をつけていきましょう。

通常、子供スクールの終了時間になっても終わらない対局については、
講師が局面の優劣を見て勝負の判定を行います。
この日の上級最後の一局は、一手争いの終盤が続いており、
途中で判定するのが勿体ないほどの見応えある熱戦でした。

やはり、初段に近づけば近づくほど相手も強くなっていきます。
相手が強くなると大差で勝つことは減ります。
今まで二手差以上で勝つことが多かった子にとっては、
自玉が危険で怖い思いをすることも増えるでしょう。

すべてを読み切るのではなく、感覚的に勝てる局面に持っていくことが重要になります。
ギリギリの局面で踏み込む力がついてくれば、もう初段は目の前です。

石井健太郎
b0110038_14335039.jpg

[PR]

by shogi-kodomo | 2016-02-21 22:32 | 午後クラス日記 | Comments(0)

2/7午後クラス

午後は10級から1級のクラスです。
上級の生徒たちはこの日、4階の対局室「銀沙・飛燕」で講義と対局を行いました。
平日ほとんど毎日プロ棋士の対局が行われている、広い畳の部屋にみんないつもよりテンションが上がっていました001.gif
その様子を見て、ふと私自身も初めて畳の部屋で指せるようになった時の喜びを思い出しました。
ちょっとプロに近づいたような気がして、背筋が伸びていたはず。笑

そうなると簡単には負けられない。勝負どころは読みを入れ、子供たち同士の対局といっても長い一局になることも。
頬を赤くして必死に考え指す姿は格好いいですね。
6年生はもうすぐ卒業です。一つでも多く勝って、一つでも昇級できるように最後まで頑張りましょう006.gif072.gif

伊藤 明日香
[PR]

by shogi-kodomo | 2016-02-21 07:21 | 午後クラス日記 | Comments(0)

2月17日 水曜教室

こんにちは、講師の及川です。

インフルエンザが流行っていますが
いつも通りの人数でしたので安心しました。
来た時は元気でも授業中に体に異変を感じたら
講師に声を掛けてください。

今回の講義では上・中級担当で横歩取りを勉強しました。
自分が小学生の時は有名な作戦でしたが
今は戦法自体を知らない子も居て
時代によって流行する作戦が変わるのを感じました。
難しい戦法ではありますが激しい将棋になりやすいので
攻めるのが好きな子には、オススメの作戦です。

6年生の子はあと2回で卒業となりました。
特に初段に近い子はなんとか頑張って
昇段してほしいと思います。
[PR]

by shogi-kodomo | 2016-02-20 19:05 | 水曜教室日記 | Comments(0)

2月14日 初心クラス

この日は、春一番が吹いて、とても暖かい一日でした。

子供スクールでは、駒を数えてしまうことを厳しく指導しています。駒の数を確認して、紛失していないかを確認するのがその理由なのですが、子供の場合は駒を片づける際に駒が飛び散ってしまうことが多いので、それを防ぐ意味もあります。

現在では、ほとんどの生徒さんが実践しているので、駒の紛失がほとんどありません。
今後も続けて欲しいと思います。

また、子供スクールの一日体験を希望されている方が増えており、講師一同大変嬉しく思っております。
子供スクールに興味がある方は、是非一日体験にお越しください。

石井健太郎
b0110038_1432968.jpg

[PR]

by shogi-kodomo | 2016-02-15 08:08 | Comments(0)

2月14日 午後クラス

こんにちは、講師の渡辺大夢です。この日は朝から雨が降っていましたが、午後にはすっかり晴れて暖かくなりました。教室内でも熱戦が非常に多く、一局にかける強い気持ちが伝わってきた一日でした。また高学年クラスの6年生は、卒業まで後わずか。最後まで諦めずに上を目指して頑張って下さい。講師一同応援しています。

低学年クラス、高学年クラス共に昇級をした子が目立ちました。講師との対局を見ていると、序盤は定跡をよく勉強しています。終盤の寄せが苦手な子が多いようですが、ミスをしても引きずらないで切り替えができています。これは大変なことですが、とても立派なことです。高学年クラスで初段に昇段した子がいました。おめでとう!その子とは何局か指導で指しましたが、指す度に力をつけている印象でした。これからも期待しています。

前の日記でも他の講師が書いたかと思いますが、3月の中旬から将棋連盟が耐震工事で使えなくなります。場所が変更になり、大変申し訳ありません。ご不便をお掛けしますが引き続きよろしくお願い致します。
b0110038_1436193.jpg

[PR]

by shogi-kodomo | 2016-02-15 03:47 | 午後クラス日記 | Comments(0)

2月14日 横浜校

こんにちは。数日前まで風邪で寝込んでいた、横浜校担当の上野です。
(インフルではなく、ただの風邪でした)

今日の講座のテーマは、

午前「竜と馬を近づける」
午後「いろいろな端攻め」

でした。

6~10枚落ちの指導対局をしている時に、
「こうすればもっと速く寄せられるのに」と思うことがあります。
素早く寄せるためのコツはいくつかありますので、
今回はその一つである「竜と馬を玉に近づける」をみんなで学びました。
これができるようになると、あっという間に上手玉の逃げる場所が減り、
寄せやすくなるのです。

午後は、様々な囲いに対して使える端攻めを解説。
中盤でどこを攻めていけばよいのかわからない時に、
端攻めから相手陣を突破できるケースは多いのです。

講座の時間自体は短くても、
毎回、皆さんが少しでも上達できるように、
中身の濃い講座を今後も心がけていきます。
[PR]

by shogi-kodomo | 2016-02-14 17:01 | 子供将棋スクール・横浜 | Comments(0)

2月3日水曜教室

こんにちは、講師の佐藤慎一です。まだまだ寒い日が続いてますが、この日もたくさんの子供たちが来てくれました。
日曜のスクールと違って棋力は1級~15級まで、将棋に取り組む姿勢も様々です。
六年生の1級の子は対局中、講義中も真剣に取り組んでくれています。成績もあと一歩で初段になれそうなので、講師も応援したくなります。何とか卒業までに昇段して欲しく思います。
一年生の15級の子は同じ級の子がこの日はおらず、常に自分より上級、年上の子との対局になりました。しかし勝っても負けても楽しそうに将棋を指しており、ひたむきな姿勢につい応援したくなってしまいます。
皆将棋に取り組む姿勢は様々ですが、指導対局でも楽しそうに将棋を指してくれるのでこちらも楽しいですね。楽しみながら上達できたら最高です。

[PR]

by shogi-kodomo | 2016-02-08 12:14 | 水曜教室日記 | Comments(0)

2月7日初心クラス

 暖冬予報も何のその、寒い日が続きます。が、教室は元気いっぱい。
初心クラスは体験入学の子が5人。皆覚えたてで、13~15級に認定。
スクール生との対局に負けて涙が止まらない子もいました。
 うーん、なんか子供時代に帰ったみたいに、わかる気もしたなー。
 負けて悔しい分だけ、勝つと嬉しいものだよ!
 さあ、将棋の旅に出発だ。いろんな出会いが待ってるぞ。

 巷ではインフルエンザが大流行とか。ウガイ、手洗い、マスクなどで、自衛を
呼びかけました。用心です。
 私の講座では駒の交換と価値のお話。大駒との2枚替えとかが難しいんですが、
初級でも案外解っていましたね。感心しました。

 富岡英作
b0110038_14425952.jpg

 
[PR]

by shogi-kodomo | 2016-02-07 21:47 | Comments(0)