子供将棋スクールタオル完成!

b0110038_1521744.jpg

20日(日)の子供将棋スクール将棋大会で参加賞としてさしあげます☆
たくさんのご参加をお待ちしてます。
[PR]

# by shogi-kodomo | 2006-08-18 15:04 | お知らせ | Comments(0)

8月20日 合同将棋大会

すでに郵送にてお知らせしていますが、通常のスクールとは
学年によって時間が異なりますので、改めてご確認ください。

AコースBコース合同将棋大会

場所 研修室・4階和室大広間

時間
幼稚園・1・2年生 10:00~12:00(9:45開場)
3・4年生      13:00~15:00(12:45開場)
5・6年生      15:30~17:30(15:15開場)

全員への記念品のほかに、たくさん勝った人やたくさん
指した人への賞品もいろいろ用意しています。
また、いつもの手合いカードを使うので、たくさん指して
昇級も目指してください。

A・B合同なので、普段対戦しない生徒との対局もあるで
しょう。いろいろな生徒と指せる良い機会です。
夏休み中ではありますが、ぜひ参加してください。

講師・道場課
[PR]

# by shogi-kodomo | 2006-08-12 18:24 | お知らせ | Comments(0)

8月6日 初心クラスの日記

残暑お見舞い申し上げます。
暦の上では残暑ですが・・ピンとこないですね。
東京の梅雨明けが遅かったこともありますが、
夏はまだまだこれから。

小学生にとっての夏休みというのはずいぶんと
長く感じられるものですが(大人になるといつの
間にやら過ぎてしまう気が)、ひと夏で大駒1枚
強くなる子もいるでしょう(おおげさではなく)。
友だち、将棋道場、いろいろな大会など、その子
に合った場面で実戦を重ねてください。

夏休み中ということもあってか、初心クラスは少なめ
の出席者でしたが、一日体験の子が8人も来てくれて、
さっそく入会してくれた子も(入会記念としてプレゼント
しているオリジナルTシャツは残り少なくなってきました!)。

今月20日はAコースBコース合同の将棋大会です。
初心クラスの生徒にとってははじめての将棋大会でしょう。
通常の初心クラスの授業での対局の時間は1時間足らず
ですが、将棋大会では講義の時間がないため約2時間が
対局の時間になります。
長く感じるかもしれませんが、いろいろな子と思うぞんぶん
指してください。
全員への記念品と、たくさん勝った子やたくさん指した子への
賞品もいろいろ用意してあります。

では、寝冷えや冷房による夏風邪、冷たいものの飲みすぎなど
に注意して、充実した夏休みを!

高田尚平
[PR]

# by shogi-kodomo | 2006-08-08 19:32 | 初心クラス日記 | Comments(0)

夏休み

こんにちは!
梅雨も明けていよいよ本格的な夏になってきました。
野球帰りに出席した子(ユニフォーム姿が板についています。)
も元気な将棋を指しています。

最近公園でカブトムシを捕まえました。
『昆虫のことなら僕に聞いてください』
という子がいたので飼育方法などを教えてもらいました。
などなどはじける笑顔に充実した夏休みを過ごしていることが伺えます。

本日の感想

・歩の使いかた。

大きな駒は級に相応に上手ですが
小さい駒はなかなか目が行き届かないものです。
歩は特に数が多いので
それだけ使用する機会も多くなります。
局面を滑らかに動かす潤滑油のような役割でしょうか。
次の級への最後の階段が歩の使い方にあるケースが
多く見受けられたように感じました。

・女の子が増えてきました。

最近はジュニアの大会でも女子選手の活躍が
目立つようになってきたという話も聞いております。
とてもいい傾向ですね。

将棋には男女差がある、
という根拠の乏しい説が
過去にはあったようですが、
女性の社会進出が著しい現代からみますと
あまりにも的を射ていない感じがします。

女の子は総じてまじめに話しを聞いてくれるので
指導する側としては教えやすいです。
むしろ伸びしろが無限にあるように思います。

・高学年上級

手の空いた時間に
5階の和室で行われている
高学年上級の部の対局をのぞきました。
凛と張り詰めた空気で担当の和俊先生とともに
おおいに感心しました。
対局姿勢がしっかりしていて、申し分ありません。
きちんと競技としての将棋になっています。
みんなと楽しむ普段の将棋とは違い
真剣勝負という非日常の体験から
得られるものも少なからずあるはずです。

それではまた教室でお会いしましょう!

飯塚 祐紀
[PR]

# by shogi-kodomo | 2006-08-06 17:30 | 午後クラス日記 | Comments(0)

8月2日

久しぶりの水曜教室の出番です。
みんな元気に日焼けしています。
遊びの予定が次から次から
あふれるように出てきます。
みんな充実した夏休みのようですね。

さて、この教室の特徴は日曜日よりも
ゆっくりと指導が行えることです。
駒落ちの定跡はテキストとして
見た場合、平手に必要な
さまざまな技術が含まれていると感じます。
しっかりした基礎を学ぶと
後で効果があらわれるように思います。

飯塚 祐紀
[PR]

# by shogi-kodomo | 2006-08-02 19:00 | 水曜教室日記 | Comments(0)

8月2日


  今日は合わせて18人集まってくれました。
  指導対局も全員と指せました、じっくりアドバイスできるのが
 水曜教室の良さです。一手一手よく考える子はやはり間違えにくく
 負かされますが、キョロキョロと落ち着きがない子がうっかりミスが
 多くなります。相手の番でも考えるようにして、集中して指せるように
 なると上達も早いです。暑い夏も身体に気をつけて頑張りましょう☆

  島井 咲緒里
[PR]

# by shogi-kodomo | 2006-08-02 16:00 | 水曜教室日記 | Comments(0)

7月23日

b0110038_1716697.jpgなかなか梅雨明けといかない天気が続いていますが、
スクールの子供達の中には、夏休みに入ったという子もいました。
暑い夏が待ち遠しいですね。


b0110038_17162456.jpgさて子供スクールでの対局の後には、
必ず対局者の二人で駒を数えて片付けるように、指導しています。
ついつい忘れてしまいがちですが、駒は大切な道具です。
次に指す人の事も思って、習慣にしましょう。
片付ける時に、一人が歩を、もう一人が歩以外の駒を数えるようにすると、
効率よくできますよ。


村中秀史
[PR]

# by shogi-kodomo | 2006-07-23 17:30 | 午後クラス日記 | Comments(0)

7月23日 雨のち曇

b0110038_17124827.jpg朝、若干の雨がパラつくもここはバイク乗りの感!
大丈夫だろうと、最近街乗り用に愛用しているモペットで連盟まで向かいました。

今日の体験入学は午後も含めて5名来てくれました。
緊張感もあったけれど、みんな集中して指していて感心しました。
早速入会してくれたお友達もいたよう。
少し、慣れてくると集中力を欠く子もたまに見受けられるので
この初心を忘れずに一緒に頑張りましょうね。

b0110038_1713103.jpgこの間羽生先生のインタビュー記事で興味深いものを見ました。
それは羽生先生が将棋を始めたばかりの小学生のとき、
将棋クラブに通いはじめた時のこと。
一日に6局~7局指していましたが、なんと最初の2~3ヶ月の間、ひとつも勝てなかったそうです。
それでも、将棋の駒を動かすのが楽しくて、負けては次、次と、とにかく実戦を多く指したそうです。
七冠王にもなる羽生先生でも、そういった時期があったのですね。

なんとなく自信が湧くエピソードです。
みんなも勝負にこだわる時期はもっと後からでもよさそう。
なにより力をつけることを第一に考えたいものです。

中倉宏美
[PR]

# by shogi-kodomo | 2006-07-23 12:00 | 初心クラス日記 | Comments(0)

7月19日

今日は平手を中心にほぼ全員と指しました。
日曜からの振り替えも多く、機会があったらこちらも利用してみて下さい。
[PR]

# by shogi-kodomo | 2006-07-19 20:30 | 水曜教室日記 | Comments(0)

久しぶりの

水曜教室でした。
前にやった時より人数が増えていて嬉しく思います。
将棋を初めて一ヶ月の女の子とやりました。
8枚落ちで大丈夫かなと不安でしたが、
そんな心配は無用でした。
1筋を攻略したあと竜を作り、その後角を飛び出して
三枚で攻める。基本に忠実な攻めです。
見事に負かされました。
定跡をちゃんと覚えていれば先生が相手だろうと
全く恐くないんです!
もう一つ大事なことは定跡を勉強した上でその一手一手の
意味をしっかり理解していくこと。さらなる上達が望めるはずです。
                      藤倉勇樹
[PR]

# by shogi-kodomo | 2006-07-19 18:00 | 水曜教室日記 | Comments(0)