5月21日 午後クラス

b0110038_20391544.jpg

5/13(土)にNHKEテレで放送された小学生将棋名人戦をご覧になられましたでしょうか?
私も小学生の時に出場した思い入れのある大会です。

今回優勝をしたのは小学六年生の圓谷くんです。
彼は以前、子供スクールに通っていた生徒だったんですよ。
小学三年生の3月に昇段し卒業。
それからも将棋の勉強を続け、二年後に「小学生名人」という称号を手に入れました。
生徒の成長した姿をテレビで観れたのは講師冥利につきる。といったところでしょうか。

今回の高学年クラスは昇段、昇級者がとても少ない珍しい回となりました。
これはきっと嵐の前の静けさ。次回、昇級者がたくさん出そうです。

これからも生徒たちの活躍が楽しみです!

伊藤 明日香
[PR]

# by shogi-kodomo | 2017-06-01 06:55 | 午後クラス日記 | Comments(0)

5月14日 初心クラス



b0110038_20365898.jpg
将棋を題材とした映画が公開されたり、藤井四段の活躍がニュースになったりしていますが、それらをきっかけに将棋に興味を持ちルールを覚えてくれた子供たちが最近の体験レッスン生に多いように感じます。
また女の子も非常に増えました。
「将棋=男性」というイメージが消えつつあるのでしょうか。

今後も、男の子にも女の子にも将棋を楽しんでもらいながら、強くなっていける将棋教室を行っていけるよう一講師として頑張ります。

伊藤 明日香
[PR]

# by shogi-kodomo | 2017-06-01 06:41 | 初心クラス日記 | Comments(0)

5月28日 初心クラス

b0110038_20343254.jpg

最近、藤井四段の活躍がニュースで毎週取り上げられていて、すごいですね。

この日の私の担当した講義では、一手詰の詰将棋を扱いました。
10級以下の子は、一手詰で詰みの形を覚えて、三手詰で読むことに慣れましょう。
詰将棋では、玉が端の隅の方にいることが多いと思います。
隅の方が詰ましやすいので、実際の対局でも相手の玉を隅の方に追い詰めていきましょう。

詰将棋の本は将棋会館の売店に置いているので、探してみてください。
私も4月から2冊買って、電車の中で解いています。

新規の生徒さんが増え、講師として嬉しく思っています。
入会したばかりの子で、あんまり勝てないなどの悩みがあったり、
将棋の勉強法を知りたいときは講師の先生に聞いてみてください。

石井 健太郎




[PR]

# by shogi-kodomo | 2017-05-29 19:40 | 初心クラス日記 | Comments(0)

5月28日 横浜校

こんにちは。

ここ数日、半袖と長袖、どちらを着ようかなと迷っている、横浜校担当の上野です。


今日の講座のテーマは以下の通りです。

初級 と金を使う

中級 玉の早逃げ

上級 終盤の技

その中で、初級クラスの「と金を使う」について

と金をうまく使うことは将棋において、非常に重要です。

特に駒落ちの指導対局で伸び悩んでいる子の半分くらいは、

せっかく作ったと金や成香を使わずに遊ばせたままです。

そして、と金を一直線に守りの金や玉に寄せていくようになると、

昇級したり、駒落ちの手合いが上がったりします。


講座をやると、その成果を直後の指導対局で見せてくれる子もいて、

おお! 飲み込みが早い! と嬉しくなります。

今日も、と金をいつもよりも素早く使えた子が何人かいました。

今後も上達のためになる講座をやっていきたいと思います。

(ちなみに、今日は中村真梨花先生に講座をほとんどやってもらいました)


[PR]

# by shogi-kodomo | 2017-05-28 21:30 | 子供将棋スクール・横浜 | Comments(0)

5月21日初心クラス

b0110038_16222617.jpg

こんにちは。講師の渡辺大夢です。暑い日が続きますね。半袖で通っている子がこの日は多かったです。休憩中の間、水分補給をしっかりして、体調を壊さないようにしてほしいと思います。

最近、体験に来て頂く方が非常に多く、初心クラスの人数が増えてきています。将棋をこれから強くなろうと思っている子が多いのは嬉しいことです。いつもありがとうございます。体験の方にはまず講義を見て頂き、その後は講師との対局になり、先生が級を判断してから生徒同士の対局になります。覚えたての子が一番多いですが、その中には13級や12級で入会をする子も出ています。初めての教室は緊張しますが、慣れてきたら友達をたくさん作り、数多くの対局を指して下さい。実戦を積むことは強くなる近道でもあります。

10級に昇級した子が3人いました。おめでとう!いつも通り午後クラスでも頑張って下さい。
[PR]

# by shogi-kodomo | 2017-05-22 13:48 | 初心クラス日記 | Comments(0)

5月14日午後クラス

b0110038_16194381.jpg

5月も半ばになると、晴れた日は真夏のようです。
飲み物持参などして、体調管理していきましょう。

連日、テレビなどで藤井4段の活躍が話題となって
います。凄いですね。
強くなるためには、まず将棋が大好きであること。
詰将棋、定跡などの研究、実戦対局、の繰り返し。
たとえ負けても、全然平気です。その理由を考えて
次に生かせれば、どんどん強くなって行きます。
外の将棋大会にも積極的に参加しましょう。
メンタルが強くなるよ。

富岡英作





[PR]

# by shogi-kodomo | 2017-05-19 13:43 | Comments(0)

5月17日水曜教室

皆様こんにちは、講師の渡辺大夢です。久しぶりの水曜教室担当でした。この日は30人前後の子に来て頂きました。学校帰りでも疲れた様子はなく、とても元気いっぱいでしたね。名人戦の解説会と重なったこともあり、道場の奥と5階を使っての授業でした。

講義はいつも通り3クラスに分かれて行いました。私の担当は5~9級クラスでした。角換わり棒銀の攻め方について解説しました。将棋を始めて一番最初に覚える戦法が棒銀ではないでしょうか。
この指し方は、相手が居飛車の時も振り飛車の時も使うことができるため、覚えておいて損がないです。内容的には難しいところもあったかと思いますが、最後に配ったプリントで復習しておいてください。

指導では二枚落ちで勝ち、初段に昇段した子がいました。おめでとうございます!終盤は寄せが難しい場面がありましたが、集中力が切れずに頑張りました。他の対局も熱戦が多かったように見てて感じました。できるだけ多くの対局をこなし、昇級の目を作ってほしいと思っています。
[PR]

# by shogi-kodomo | 2017-05-18 02:59 | 水曜教室日記 | Comments(0)

5月14日(日) 横浜校

横浜校の野田澤です。

3部制になり1ヶ月。
生徒のみなさんは、少しずつペースがつかめてきたでしょうか。
講師陣も、体力の配分がわかってきたようなそうでもないような。

この日は、全国小学生倉敷王将戦の神奈川県予選があり、当教室からも何人か出場していたようです。
上級クラスの子で、大会後に来てくれた子もいました。

そんななかなんと、神奈川県代表になった生徒が!
教室終盤でその情報が飛び込んできて、生徒、保護者のみなさん、そして講師陣で喜びの拍手がおきていました。
本人にはまだ会えていませんが、今度教室に来た際には、みんなで「おめでとう!」と言いたいですね。

他の子たちも、どんどん積極的に出場してもらえたら嬉しいですね。
結果はどうあれ、モチベーションにもなるし、思い出も、友達もできるはず!


野田澤彩乃

[PR]

# by shogi-kodomo | 2017-05-17 18:44 | 子供将棋スクール・横浜 | Comments(0)

5月7日 午後クラス

b0110038_16170137.jpg

こんにちは。講師の梶浦です。5月7日はGW最後の日でした。旅行をしたという子も多かったです。良い思い出ができたでしょうか?

今回は初級の講座を担当しました。テーマは「金と銀の使い分け」です。金と銀は動きが似ています。しかし局面によってどちらを使うべきかガラッと変わります。そこが難しくて面白い所ではないでしょうか。実戦を積んで、少しずつコツを掴んでほしいと思います。

対局中はのびのび指している子が多かったと思います。ただ、はしゃぎ過ぎてうるさい子もいました。周りに迷惑をかけないよう注意しましょう。

それでは、次回も昇級昇段を目指して頑張ってください。

梶浦宏孝

[PR]

# by shogi-kodomo | 2017-05-13 15:35 | 午後クラス日記 | Comments(0)

5月10日 水曜教室

急に暑くなってきましたね。
この日の上級の講義では、次の一手を出題しました。少し難しい問題もありましたが、すぐに解けた子もいました。
私も小学生の頃、プロの先生が指した次の一手の問題を解くのが好きでした。棋譜並べや定跡書を読む勉強法よりも、問題形式なので、取り組みやすいです。
最近、将棋大会で子どもスクールの卒業生をみかけました。初段がゴールというわけではないので、みなさんも上を目指して、がんばりましょう。

石井健太郎
[PR]

# by shogi-kodomo | 2017-05-12 12:20 | 水曜教室日記 | Comments(0)