4月19日水曜スクール

木々の新緑が日一日と濃くなって行きますね、爽やかです。
この時期は、新1年生をはじめ、入会したて,将棋にワクワクしてる
子供が多いです。
強くなるためには目標を持ちましょう。
10級までなら、1,2か月ごとに1つづつ昇級を目指して、5級までなら、
2,3か月ごとに昇級を目指す、など。
しかし目先の勝敗にこだわらず、将棋の本筋を見つめることも、より強く
なるには大切な事です。
学校の後で疲れもあると思うけど、集中して楽しもう。
富岡英作

[PR]

# by shogi-kodomo | 2017-05-12 08:41 | Comments(0)

4月23日 日曜スクール大会

b0110038_15585710.jpg
b0110038_15592824.jpg

b0110038_15593078.jpg


こんばんは101.png
講師の高浜愛子です。

4月23日の日曜日子供スクールは、AコースBコースを合同で団体戦の将棋大会を行いました。

大会なので、ルールも反則したら即負けになってしまうので子供たちは、いつも以上に気をはりながら真剣に指していました。

団体戦なので、自分の対局が終わっても、同じチームのお友達の応援をドキドキしながら観戦していたりと、本当日曜日楽しそうでした。

いつもとは違った良い経験になったと思います110.png

そして、優勝したチームには、表彰状と、なんと、佐藤康光会長の直筆サインがプレゼントされました!

佐藤康光会長、子供達の為にサインを書いて下さりありがとうございます😊

準優勝、3位にも、表彰状と書籍が贈呈がありました。

そして、入賞にこだわらず、個人で3連勝した子供達にも、個人賞で将棋の駒の消しゴムや磁石やバッジのプレゼントが贈呈されました102.png

みなさん、いつも以上に沢山将棋を指して頑張ったと思います109.png
お疲れ様でした。

まだ夏の大会もあるので、夏に向けて頑張りましょうね101.png


[PR]

# by shogi-kodomo | 2017-04-24 21:54 | Comments(0)

4月23日 午前・午後クラス

講師の中村です。

学年が一つ上がり、みんなだんだんと成長している感じがします。もちろん、将棋も強くなっていますね。
4月はいろいろと変化が多く、新しいクラスになじむのも大変かもしれませんが、将棋で育てた集中力を活かして、学校の勉強も頑張ってもらえたらと思います。
また授業の内容では、詰将棋を解くスピードは、勝ちにつながるので、ぜひ練習してほしいですね。最初は難しいと思う問題でも、ちょっとずつ、トライしてみてください。
[PR]

# by shogi-kodomo | 2017-04-24 10:08 | 子供将棋スクール・横浜 | Comments(0)

4月5日水曜スクール

こんばんは。
講師の高浜愛子です。

3月末までとても寒い日が続きましたが、4月になり一気に暖かくなりましたね✨

4月5日の水曜スクール、私は上級クラスの講義を担当させていただきました101.png

実戦に出てきやすい棒銀の受け方の問題をしました。
三手〜五手、七手の読みが必要な問題でしたので、少し難しいと思いましたが、半分以上の子供達が正解していて、皆んな強くなってきたんだなぁと実感した1日でしたほ

[PR]

# by shogi-kodomo | 2017-04-10 20:23 | 水曜教室日記 | Comments(0)

4月9日 午後クラス

b0110038_15100973.jpg





皆様こんにちは。講師の渡辺大夢です。新学期がスタートしましたね。春休みが終わると、学校の勉強と将棋の両立は大変だと思いますが、空いている時間を見つけて、将棋に触れる時間を作って頑張ってほしいと思います。

この日は低学年クラス、高学年クラス共に大盛況でした。振替でスクールに来た子も多かったようです。低学年クラスの講義は初級を担当しました。端に玉を行かせて必死をかける勉強をしました。常に日頃から教えていることですが、玉は広いほうに逃がすとなかなか寄せることができません。すぐ王手をかけてしまうのではなく、相手がどこに逃げようとしているのかを考えて指しましょう。対局の時間はおしゃべりが多かったかな。周りの子に迷惑をかけないようにしましょう。

高学年クラスは指導を中心に行いました。8枚落ち、6枚落ちの子にはよく負かされました。
寄せがみんな鋭くなってきています。全体的に受けが苦手な子が多いと感じました。

初段に上がり、この日に免除授与で卒業した子がいました。1級まではかなり早いペースで昇級しましたが、初段への道のりは長かった。でもよく頑張ったと思います。おめでとう!

4月23日は合同将棋大会です。学年によって来る時間帯が違いますので、お間違いのないように確認してご来館下さい。
[PR]

# by shogi-kodomo | 2017-04-10 16:52 | 午後クラス日記 | Comments(0)

4月9日初心スクール


b0110038_15135182.jpg
新年度も始まり、新一年生中心に
スクール体験の子供がいっぱいです。

入会したての頃は、中々勝てなかった子も
半年、一年と過ぎていくと、いつの間にか
頼もしい将棋になって行きます。
こちらも辛抱強く、成長を見守ります。

富岡



[PR]

# by shogi-kodomo | 2017-04-10 16:30 | Comments(0)

4月9日 横浜校


こんにちは。大きな原稿を仕上げ、一息…と思いきや、

それを仕上げるために棚に上げておいたタスクがたくさんあることに気づき、

それらを地道にクリアしている横浜校担当の上野です。


おかげさまで、横浜校はこの4月から2部制→3部制になりました。

生徒数も増え、とても活気があります。

生徒数が増える=自分と同じくらいの棋力の子が増える

なので、ライバルを見つけやすいかも。


ライバルと言えば、私が小学生の時に通った教室には、

佐藤紳哉君(現七段)がいました。

同い年でしたが、常に一歩も二歩も先を行っている良い目標でした。

ライバルを見つけ、「あいつには負けないぞ!」と頑張ることで、

自身の上達につながることもあります。


また、他人ではなく、あくまで自分自身に意識を集中するやり方もあります。

過去の自分よりも強くなることを目指すのです。


今までできなかったことが、できるようになること。

そうした、自信がつく体験を、横浜校でしてほしいと思っています。

私達は、その手助けをするために、います。



[PR]

# by shogi-kodomo | 2017-04-09 21:05 | 子供将棋スクール・横浜 | Comments(0)

4月2日 午後クラス

b0110038_15074573.jpg



皆様こんにちは。講師の渡辺大夢です。4月に入り、だんだんと温かくなりつつありますね。生徒さんは学年が一つ上がり、新たな気持ちで望む新年度。この機会に、自分に合った勉強法を見つけて棋力アップして行きましょう。

将棋の勉強法で特に効果的なのは、実戦を多く指すことだと私は思っています。その他には詰将棋を解く、棋譜並べ、定跡の本を読むなど様々あります。将棋の対局をたくさんすると、いろいろな経験ができ、自分に足りないところが分かります。これを次に繋げていくと必ず上達します。スクールで教わったことを、普段通ってる道場などでも試してみてください。

低学年クラス、高学年クラス共に講義の時間、質問にはい!と元気な声が聞こえてきました。間違えても、積極的に答えてくれるのはとても気持ちがいいですね。もらったプリントは帰ってから回答プリントを見ながら復習してください。またこの日は昇級者も多かったです。

高学年クラスで初段に上がった子の免除授与がありました。聞くと1年と8カ月ぐらいでの卒業とのこと。おめでとうございます。これからも続けてほしいと思います。みんなも初段目指して頑張ろう!
[PR]

# by shogi-kodomo | 2017-04-03 01:17 | 午後クラス日記 | Comments(0)

4月2日 初心クラス

b0110038_19371044.jpg

4月に入りました。まだ春休みだと思いますが新学年に上がり
学校が始まるのが楽しみのことと思います。

この日のスクールは学校より一足先に新学年での授業を行いました。
講義は久しぶりに14、5級の担当。
内容は詰将棋を勉強しました。

1手詰めとはいえ持ち駒も考えなくてはいけない問題で
普段より難しかったと思いますが、みんな活発に答えてくれました。
(少し元気過ぎたかな?)
この調子ならどんどん強くなれるはずです。

みんなの対局を見ていて気になったのは寄せ方。
終盤は駒得よりもスピードです。
寄せ合いになったら隅にある桂香歩を拾うのではなく
相手玉に向かって果敢に攻め込みましょう。
コツは成った大駒をできるだけ相手玉に近づけることです。
将棋は駒をたくさん取るよりも
玉を詰ますことが大切だと覚えてください。

新学期になりましたので
子どもスクールでも新しい気持ちで
頑張っていきましょう!

及川 拓馬
[PR]

# by shogi-kodomo | 2017-04-03 00:56 | 初心クラス日記 | Comments(0)

3月26日 初心クラス

b0110038_16081419.jpg

少し暖かくなったと思ったら、また寒い日々に逆戻りですね。この日の子供スクールは授業参観でした。
時折、ご両親が気になる様子の生徒さんもいましたが、
対局中になれば将棋に没頭していました。

この日の講義では、歩の使い方を教えました。
歩は一番弱い駒ですが、うまく使うと本当に良い働きをします。
特にと金を作るための垂れ歩や、形を乱すための捨て駒などの手筋は
実戦で使ってみましょう。

最近、詰将棋の本を持ってきている子を多く見かけます。
将棋の本を読むことは上達に役立ちます。
序盤を学びたい子は定跡の本、終盤力を鍛えたい子は
詰将棋の本を読んでみましょう。

石井 健太郎






[PR]

# by shogi-kodomo | 2017-03-27 21:30 | 初心クラス日記 | Comments(0)