1月7日 水曜教室

あけましておめでとうございます。
2009年最初の子供スクールは、水曜教室からスタートです。

この日は日曜からの振り替えも含めて、約30名の子供たちが集まりました。
最近の水曜教室は、人数も増えてきており活気があります。
活気があるのはいいことですが、以前にくらべて講義のときなど少し騒がしくなっているみたいなので気をつけたいと思います。

この日も何人かに注意したけど、講義は静かに聞いて、疑問があったら手をあげて先生に指名されたときだけ発言してもらえればと思います。

将棋を指すときもそうだけど、静かにするということで集中力が高まり強くなるスピードがちがってきます。
「強くなりたい!」と思っている子は、静かに集中してみてください。

1月5日は将棋会館で指し初め式がありました。
米長会長や渡辺竜王、深浦王位、佐藤棋聖などが集まり、新年の指し初めをする儀式です。
b0110038_16144832.jpg

そこになんと、スクールから4人の生徒が保護者の方とともに参加しました。
スクール生の参加は3年くらい前から認められており、どの子にするかは12月のクリスマス会のクイズ大会で決めています。
当日はみんなけっこう緊張してたみたいだけど、きちんと正座して自分で考えた一手をピシッと指していました。
始まる前に、「姿勢だけは渡辺竜王に負けるなよ。」とアドバイスしてみたけど、どうだったかな。

小林 宏
[PR]

by shogi-kodomo | 2009-01-08 17:08 | 水曜教室日記 | Comments(1)

Commented by 心の母 at 2009-01-19 17:32 x
上記写真で駒を並べる大役を仰せつかった子供の母です。
本人も同伴した父親も感謝感激しておりました。
このような貴重な体験をさせて頂きありがとうございました。
親子共々一生の思い出に残る一日となりました。