5月28日 初心クラス

b0110038_20343254.jpg

最近、藤井四段の活躍がニュースで毎週取り上げられていて、すごいですね。

この日の私の担当した講義では、一手詰の詰将棋を扱いました。
10級以下の子は、一手詰で詰みの形を覚えて、三手詰で読むことに慣れましょう。
詰将棋では、玉が端の隅の方にいることが多いと思います。
隅の方が詰ましやすいので、実際の対局でも相手の玉を隅の方に追い詰めていきましょう。

詰将棋の本は将棋会館の売店に置いているので、探してみてください。
私も4月から2冊買って、電車の中で解いています。

新規の生徒さんが増え、講師として嬉しく思っています。
入会したばかりの子で、あんまり勝てないなどの悩みがあったり、
将棋の勉強法を知りたいときは講師の先生に聞いてみてください。

石井 健太郎




[PR]

by shogi-kodomo | 2017-05-29 19:40 | 初心クラス日記 | Comments(0)