カテゴリ:子供将棋スクール・横浜( 133 )

横浜校 11月12日

健康診断の二次検査でコレステロールの値が上がったことが発覚し、

ごはんとおやつの量の減少および一日一万歩歩くことを言い渡された、

横浜校担当の上野です。


5級位までの子に、駒落ちの将棋で特にアドバイスしたいことが二つあります。

それは、


「作った成り駒は必ず活用して、上手の金などと交換すること」

「上手にと金を作らせない事」


です。

この二つがきっちりとできれば、それだけで5級に大きく近づくはずです。

上手と駒落ちで指して負けてしまった場合、

この二つができていたか、確認するようにしてください。


[PR]

by shogi-kodomo | 2018-11-12 16:08 | 子供将棋スクール・横浜 | Comments(0)

10月28日 初級、中級、上級クラス

こんにちは、講師の中村です。
年末も迫ってきましたね。
12月はクリスマス会も予定していますので、楽しみにしていてください。
初級クラスでは、8枚落ちをしっかり指せるようになってきましたね。
駒落ちのコツも、だいぶ掴めてきたかと思います。
上級クラスでは、ひとり卒業生が出ました。
おめでとうございます!!
コツコツ努力した結果だと思いますので、今後とも将棋を楽しんで、頑張ってください。


[PR]

by shogi-kodomo | 2018-10-31 15:27 | 子供将棋スクール・横浜 | Comments(0)

10月14日 横浜校

横浜校講師の相川です。

10月に入りすっかり秋ですね。

横浜校では、3部制になっていて初級・中級・上級クラスとなっております。

講義内容

と金を作らせない!

6枚落ちの定石ポイント

序盤の注意点

講義のときは分かっているけど、実戦だと…ということがよくあります。今日覚えたこと、分かっていると思ってもプリントを見返してみましょう。


[PR]

by shogi-kodomo | 2018-10-14 21:13 | 子供将棋スクール・横浜 | Comments(0)

9月23日 横浜校

なぜか雨の日に何度もつるっと転びそうになり、靴の裏を確認してみたら、長年履き続けてきたために底が減り過ぎて溝がほとんどなくなっていて唖然とした、横浜校担当の上野です。


おかげさまで、横浜校は順調に生徒数が増え、
2年前に一日2クラス制から1クラス増え、3クラス制になりました。
そして、3クラスとも定員に近い人数になったある日、ある課題がに気づきました。
それは、

「特に中級クラスの人数がパンクしそうになる」

です。

横浜校では、
初級クラス 15~11級
中級クラス 10~6級
上級クラス 5~1級
というシステムで運営しています。

初級クラスから中級クラスに昇格する生徒は割と多いのですが、
中級クラスから上級クラスに昇格する生徒はそれよりも少なくなりますし、
昇格までに要する時間も長くなります。
なので、構造的に中級クラスの人数がパンクしがちになるのです。

特別な解決策はなく、

それぞれの実力向上のために、今日も丁寧に大盤の講義を行い、
指導対局を行います。
あ、この子ちょっと強くなったな…と感じる瞬間は、
講師にとって他には変えられない喜びです。


[PR]

by shogi-kodomo | 2018-09-23 22:57 | 子供将棋スクール・横浜 | Comments(0)

9月9日 横浜校

講師の相川です。


残暑が厳しく早く涼しくなってほしいと思います(;´д)


今日の講義

初級 角を成る

中級 桂香の攻め手筋

上級 矢倉を崩す


上級クラスになると五手一組の筋も分かるようになります。

問題プリントを早々「解けたー」となるので凄いです。

この調子で頑張りましょう!


[PR]

by shogi-kodomo | 2018-09-10 13:26 | 子供将棋スクール・横浜 | Comments(0)

8月26日 横浜校

今の季節は梨が楽しみ! の横浜校担当の上野です。

今回は、横浜校恒例の大会でした。

私がびっくりしたのは、どのクラスも熱戦が多く、時間が押したことです。
基本的に初級クラスと中級クラスは指すのが早い子が多く、
今までは対局時計を使う必要なくリーグ戦を終えることができましたが、
今回は急きょ全クラスで対局時計を導入しました。
それだけ真剣に考え、指していたということですから、
私としても嬉しいです。

さて、初級クラスでもお話しした、私が子供の頃に教えてもらった言葉です。

「負けて上達、勝って自信がつく」

将棋を指せば、必ずどちらかが勝ち、どちらかが負けます。
負けたら悔しいけれど、その経験を次に生かせば上達できます。
そして、勝てば自信がつきます。
目の前の一局を真剣に指して、多くを得て欲しい、と思います。

b0110038_16101696.jpg

b0110038_16102482.jpg


b0110038_16102132.jpg

[PR]

by shogi-kodomo | 2018-08-28 16:12 | 子供将棋スクール・横浜 | Comments(0)

8月12日 横浜校

最近、風呂上りにソファでヤクルトを飲んでのんびりとするのが楽しみ、
の横浜校担当の上野です。

横浜校の講座は毎回テーマを決め、
大抵は4つの問題を、プリントを使ってみんなで解きつつ、解説する形です。

そして、今回を含め、最近は皆さんから突っ込みが増えました。
「正解手の後、こう受けたらどうするの?」
「正解手ではなく、この手もあるのでは?」
「後手の持ち駒に歩があるのはどんな意味?」

これは、非常に良い傾向です。
正解手を覚えるだけではなく、その問題について、多角的に考える。
出題者の考えを鵜呑みにしない。
限られた時間ですが、こうした真剣な質問に対しては、
こちらもできるだけ誠実に答えるようにしています。
今後も、こうした時間は大切にしていきたいと思います。

[PR]

by shogi-kodomo | 2018-08-12 21:23 | 子供将棋スクール・横浜 | Comments(0)

7月22日 横浜校

お気に入りのカフェが自然豊かな場所にあるので虫の出現率が高く、
夏季は別のカフェを利用することも検討している、横浜校担当の上野です。

昨日は、なぜかお休みする子が多く、
普段よりもみっちりと指導対局を行うことができました。
夏休みに入ったので旅行などもあるでしょうし、
あまりに暑いので体調を崩した子もいるかと思います。

まあ、今でこそほぼ定員に達した横浜校ですが、
私が赴任した当初は講師2名に生徒1名(!)ということもありました。
そんな話をしたら、みんなビックリしていました。

さて、今回の初級クラスの講義のテーマは「一間竜」でした。
これをパッと指せるようになれば、寄せのスピードがぐっと上がります。
いろんなパターンで使えるようにしてください。

[PR]

by shogi-kodomo | 2018-07-23 11:14 | 子供将棋スクール・横浜 | Comments(0)

7月8日 横浜校

講師の相川です。


今日の講義は


初級 反則を覚えよう

中級 居飛車の4つの戦法

上級 二枚落ち、二歩突っ切り定跡


実戦を指すときに気をつけなければいけないのが反則です。

二歩や行き処のない駒など確認しました。

それから、自分の好きな囲いや定跡を見つけてみてください。

棋力向上の第1歩です。


[PR]

by shogi-kodomo | 2018-07-08 22:52 | 子供将棋スクール・横浜 | Comments(0)

6月24日 初級 中級 上級クラス

こんにちは、講師の中村です。

6月24日の子供スクールでは、中級、上級で講義、詰将棋といっしょに少しだけ将棋を指す上でのマナーやルールというお話をしました。
将棋が強いだけでなく、マナーをきちんと守ることで、相手も自分も気分良く指す事ができます。
対局時は口を開かず、集中して指すなど、大会等でも通じるマナーですから、ぜひ次回も大切にしてほしいです。
上級クラスでは、目標の初段になった生徒さんがいました。おめでとうございます!
みなさんもぜひ、頑張ってください。

[PR]

by shogi-kodomo | 2018-06-25 14:31 | 子供将棋スクール・横浜 | Comments(0)